ここから本文

お知らせ(更新日:8月26日)


最新のお知らせ一覧は以下の通りです

日本とキルギス友好チャリティコンサート
〜キルギスの全盲歌手、グルムさんの澄んだ歌声を〜

日本とキルギス友好チャリティコンサート・ポスター画像

 2016年3月の日本テレビ「のどじまんTHEワールド!」で、キルギスのグルムさんはその澄んだ歌声で歌い、審査員全員満点の400点で見事優勝しました。
 そして、その秋に全国ツアーを行い、ふれあいプアラザかわさきでもコンサートを開催しました。今年も引き続き、同会場で開催します。作曲家の浅野佑悠輝さんのギター演奏との共演もどうぞお楽しみください。

日時
2017年10月15日(日曜日)
13時開演(12時30分開場)15時終演予定
会場
ふれあいプラザかわさき 2階ホール
料金
無料
曲目
愛燦々/時の流れに身をまかせ/草原の鍵/キルギスの民族曲 ほか
主催
キヤル基金
後援
在日キルギス共和国大使館
共催
川崎市視覚障害者情報文化センター
問い合わせ先
キヤル基金事務局・松田 電話番号:090-9643-7156

日本とキルギス友好チャリティコンサート ポスター[PDF版]


第3回「チャレンジド・ヨガ 〜視覚障がいの方のヨガ〜 体験会 in 川崎」

 6月から始めましたヨガ体験会は、第1回、第2回とも多くの皆さまにご参加いただきまして、誠にありがとうございました。今月も引き続き第3回ヨガ体験会を行いますので、これまで参加した方も、初めての方も、是非この機会にお楽しみください。
 体が硬くて…とか、ひざが悪いので…など、マットに座ることに抵抗のある方には椅子も用意いたしますので、ご遠慮なくお申し込みください。ヨガは大きな移動を伴わず、安全に体の隅々まで動かす事ができる視覚障がいの方に取り組みやすい運動の一つです。参加者全員保険加入しますので、安心してご参加ください。

対象者
全盲、ロービジョン(弱視)、見えにくいと感じている方。
※障害者手帳の有無は不問です。
※ガイドやご家族など、同伴の方には応募人数によっては、専用のマットをご用意できませんが、会場にお入りいただき、少しだけサポートしていただきながら、ヨガをご一緒にお楽しみください。
日時
2017年10月21日(土曜日)午後1時から2時30分
会場
川崎市視覚障害者情報文化センター 3階 多目的室
参加費
無料
持ち物・服装など
・動きやすい服装(ヨガウェアでなくても全く問題ありません)
※ヨガは裸足で行うのをお薦めしていますが、裸足に抵抗がある方は、五本指ソックスをご用意下さい(足裏に滑りどめが付いているものがお薦めです)。
・汗ふきタオル
・水分補給用の水など
※ヨガマットは、こちらでご用意いたします。

 なお、12月のヨガ体験会は12月9日(土曜日)の午後1時から2時30分に行います。

お申込み・お問い合わせ
川崎市視覚障害者情報文化センター 担当 金子まで

音声解説付きDVD映画の体験上映会開催のお知らせ

 当センターでは、今年度から音声解説付きDVD映画の体験上映会を開催しております。(音声解説とは、登場人物の動きや背景等、映画の視覚情報を言葉で説明した音声ガイドです。)
 9月と10月の上映日程をお知らせいたします。参加費は無料、予約の必要もありません。
 会場は当センター多目的室Aです。みなさまのご来場をお待ちしています。

作品『奇跡』
 9月30日(土曜日)午後1時30分より

2時間 8分 日本
監督・脚本 是枝 裕和
音楽 くるり
出演 前田 航基、前田 旺志郎 ほか

2011年公開作品。九州新幹線全線開業の朝、博多から南下する“つばめ”と鹿児島から北上する“さくら”の一番列車がすれ違う瞬間に奇跡が起きる。そんな噂を耳にした少年は、家族の絆を取り戻す計画を立て始める。両親の離婚で鹿児島と博多で離れ離れに暮らす兄弟が、同級生や周囲の大人を巻き込んで、それぞれの夢をかなえるために一晩の冒険が始まった。
「誰も知らない」「海街ダイアリー」など家族を見つめ続ける作品をつくり続ける是枝監督が、子どもたちの生き生きとした生活と成長を温かい目で描いたヒット作。兄弟漫才師で人気の「まえだまえだ」の二人が兄弟役で主演。原田芳雄、樹木希林、オダギリジョーらベテラン俳優が子どもたちを見守る。第55回太平洋映画祭最優秀監督賞ほか受賞。

作品『駆込み女と駆け出し男』
 10月28日(土曜日)午後1時30分より

2時間23分 日本
監督・脚本 原田 眞人
原案 井上 ひさし
出演 大泉 洋、戸田 恵梨香、満島 ひかり ほか

2015年公開作品。江戸時代の鎌倉、縁切寺として知られる東慶寺には、様々な事情を抱えて離縁を望む女たちが駆け込んでくる。その再出発を手助けする戯作者志望の見習い医者や御用宿の主人たちが繰り広げる悲喜こもごもを描く人情時代劇。
江戸の商家のおかみ、お吟は理由も告げずに家を出て夜通し鎌倉へと向かう。東慶寺の前で出会った若い女、じょごと二人で駆け込むが、寺に入るには門前の御用宿で事情を調べられなければならない決まりであった。御用宿の居候、信二郎は女たちの素性に興味を持つが……。
井上ひさしの連作「東慶寺花ごよみ」を原案に、「わが母の記」などの原田眞人が脚本・監督。毎日映画コンクール脚本賞、ブルーリボン賞主演男優賞などを受賞。


センター長からのご挨拶
「一度、センターに来てみませんか」

 夏本番となりました。今年の夏は例年にも増して暑い日が続くそうです。どうぞ、水分補給には十分注意して、お過ごしいただきたいと思います。

 私がセンターにきて4ヶ月が経ちました。以前の職場、「日本点字図書館」との違いを特に感じるのは、利用者の皆さまとの距離感がとても近いということです。例えばセンターに来られる多くの方は、受付で職員と少しの間、歓談されていきます。センターの職員も皆さまとの会話を楽しみながら、さりげなくいろいろな情報をお伝えします。それによって、これまで読んだことの無い作家の本を読んでみたり、新たなイベントに参加したり、用具を触ってみたり、生活の幅が少し広がるお手伝いをいたします。また、生活上でお困りのことで電話をいただくこともあります。お話の内容によって、その分野の訓練に詳しい職員が応対し、対応方法について話し合います。時にはその方の家に出向いてお話しを伺い、どのような訓練が必要かを考え、可能であればその場で実際に訓練を行なってみます。そして、それでうまくいくようであれば、引き続き定期的に訓練を行います。このような利用者に受け入れやすいやり方で対応できるのがこのセンターの特徴です。そして川崎市では、このようなサービスを負担無く利用することができます。もっと多くの方が気軽に相談して、センターを利用していただきたいと願っています。

 さて、シナノケンシ(株)より発売される新しい音声図書再生機が話題になっています。再生専用機PTN3、録音再生機PTR3は、これまでのデイジー図書再生機の後継機種になります。特に、PTR3という録音再生機はパソコンを使わずに、その機器だけでサピエ図書館に接続できる機能が搭載されました。ご家庭でインターネットにつながる環境を用意する必要はありますが、一旦接続すれば、サピエ図書館のメニュー「新着図書」、「人気のある本」などから本を選び、その場で再生したり、ダウンロードすることができます。もしご自分で希望の本を見つけられない場合は、センターにお電話いただければこちらでご希望の本を探し、インターネットを介してお送りし、皆様の機器で受け取ることができます。その場ですぐに受けとることができますので、ご希望の本が待ち時間なくご利用になれます。皆さまの読書環境をさらに楽しく、便利なものにすることができるのではないでしょうか。特に川崎市は、デイジー図書再生機が視覚障害程度等級1級から6級のすべての方が日常生活用具の給付対象になっています。活字を読む事が、多少辛いと感じられるロービジョンの方も、是非お試しいただきたいと思います。センターでも、体験会を企画いたしますので、その時には、是非おいでいただきたいと思います。

 終わりに、新しいイベントのご紹介です。アロマの香りを楽しむ体験会です。アロマオイルには様々な香りがあります。アロマの基本的な知識を説明した後、ご自分の好きな香りをブレンドして、お好みのバスソルト(入浴剤)を作っていただきます。どなたでも簡単にできる体験会です。ご自分の好みの香りのするバスソルトをお風呂にいれて、ゆったりとリラックスしていただきたいと思います。予約制になっていますので、ご希望の方は必ずお電話をお願いします。詳しくは、本誌の中の記事をお読みください。

 センターでは、このようなイベントを通して、皆さまのご来場をお待ちしています。まだセンターに来たことの無い方は、是非、このようなイベントを機会にご来場いただきたいと思います。「どんなことをしているところなんですか?」 そんな質問も大歓迎です。スタッフが丁寧に説明させていただきます。

センター長 杉山 雅章(すぎやま まさあき)


先月までの主なお知らせ


トップページへ戻る


ここまで本文
文字の大きさ