ここから本文

お知らせ(更新日:5月14日)


最新のお知らせ一覧は以下の通りです

川崎市からのお知らせ

センターからのお知らせ


75歳以上の川崎市民のかたへ 新型コロナワクチン接種のお知らせ

 令和3年6月1日(火曜日)から6月20日(日曜日)までに、教育文化会館及び各区の市民館で実施する新型コロナワクチンの集団接種について、次のとおり予約の受付を行ないます。

1. 集団接種会場の予約の受付開始

令和3年5月15日(土曜日)午前8時30分から

2. 予約の受付方法

詳細は、接種券に同封のご案内にも記載しています。

(1)新型コロナウイルスワクチン予約コールセンター
電話番号
044-200-1080
※電話番号のかけ間違いが多くなっておりますので、ご注意ください。
対応時間
午前8時30分から午後6時(土曜日・日曜日、祝日も対応)
対応内容
集団接種会場での接種予約の受付、変更、キャンセルと転入・紛失等による接種券の再発行
(2)予約サイト
URL
https://v-yoyaku.jp/141305-kawasaki
対応時間
24時間
次の時間については、予約サイトの稼働を停止します。
5月14日(金曜日)正午から5月15日(土曜日)午前8時30分まで(予約の受付開始に伴う作業のため)
対応内容
集団接種会場と協力医療機関(一部)での接種予約の受付、変更、キャンセル

3. その他

・集団接種会場の予約は、当面の間、3週間のサイクルで受付を開始します。次回の受付開始は、6月5日(土曜日)午前8時30分からとなります。
・2回目の接種予約は、1回目の接種時に接種場所でお取りください。

問合せ先
新型コロナウイルスワクチン予約コールセンター
電話番号
044-200-1080

(令和3年5月7日 川崎市新型コロナウイルスワクチン調整室作成)


「川崎じもと応援券」第2弾のお知らせ

 令和3年4月22日(木曜日)から購入申し込みが始まりました。5月24日(月曜日)までに、1人5冊までお申し込みいただけます。

金額
1冊10,000円で12,000円分利用できます。
1,000円券が12枚綴りになっていて、2,000円分お得です。
対象者
市内在住、在勤及び在学の方
利用期間
令和3年7月16日(金曜日)から12月31日(金曜日)
利用店舗
川崎市内の中小企業・小規模事業者及び個人事業主が営む店舗等。
(例:飲食店、小売店、リフォーム、クリーニング、タクシーなど。)
申込期間
令和3年4月22日(木曜日)から5月24日(月曜日)

お申し込みからご購入の流れ

ステップ1
川崎じもと応援券のホームページまたは郵便はがきで応募できます。ホームページまたは郵便はがきのどちらか1人1回の応募に限ります(お申し込みいただいた個人情報は本事業の運営においてのみ使用します)。
【川崎じもと応援券第2弾のホームページ(パソコン、スマートフォン)からの申し込み】
下記のアドレスよりアクセスいただき、必要事項を入力のうえ、ご応募ください。
https://premium-gift.jp/kawasaki-jimoto2/
※「じもと応援券第2弾」で検索も可
【郵便はがきでの申し込み】
郵便はがき裏面に、次の1~6をご記入のうえ、以下の送付先にご応募ください。
1. 希望購入冊数(上限5冊)
2. お名前
3. フリガナ
4. 郵便番号・ご住所
5. 住所が市外の場合は会社名または学校名・住所
6. お電話番号
送付先
〒113-8730 日本郵便株式会社 本郷郵便局 私書箱16号
 川崎じもと応援券第2弾 応募受付係行
※ 63円切手1枚を貼ってください。
※ 記入漏れ及び切手の貼付がない場合、無効となります。
※ 1枚のはがきで複数名のご応募は出来ません。
ステップ2
当選者に当選通知書兼払込取扱票が届きます。
期間:6月17日(木曜日)から6月19日(土曜日)
ステップ3
コンビニで入金(手数料不要)
期間:7月2日(金曜日)まで
ステップ4
入金確認後、応援券が簡易書留で届きます。
期間:7月10日(土曜日)から7月13日(火曜日)
お問い合わせ
川崎じもと応援券第2弾コールセンター
電話番号:0120-300-582
FAX番号:044-244-5770
受付時間:平日8時30分から17時15分(年末年始を除く)
URL:https://premium-gift.jp/kawasaki-jimoto2/
※ 「じもと応援券第2弾」で検索も可

「川崎じもと応援券」利用期間の再延長のお知らせ

 川崎じもと応援券の利用期間について、令和3年1月末から令和3年3月末に延長していたところですが、今般の緊急事態宣言の再発令に伴う飲食店の時短営業要請や外出自粛などの情勢を鑑み、5月末に再延長することとしました。
 購入いただいた全ての応援券の表紙や券面には、〔有効期限〕令和3年1月31日までと記載されていますが、令和3年5月31日まで使用できます。

変更前
令和3年3月31日(水曜日)まで
変更後
令和3年5月31日(月曜日)まで
お問い合わせ
川崎じもと応援券コールセンター
電話番号:0570-027-738
FAX番号:044-244-5770
受付時間:平日8時30分から17時15分(年末年始を除く)
URL:https://premium-gift.jp/kawasaki-jimoto/
※ 「川崎じもと応援券」で検索も可

6月25日(金曜日)・6月26日(土曜日)
音声解説付きDVD映画の体験上映会(予約制)開催のお知らせ

 当センターでは、音声解説付きDVD映画の体験上映会を開催しております。音声解説とは、登場人物の動きや背景等、映画の視覚情報を言葉で説明した音声ガイドです。
 なお、新型コロナウイルス感染防止対策として、次の①から④の取り組みを行ないます。また、感染予防のため、センター内で食事をとることはできませんので、予め昼食を済ませてからご来場をお願いいたします。

  1. ① 同一映画を日にちを変えて2回開催します。
  2. ② 各日定員20名の予約制とさせていただきます。(感染状況により定員変更の場合あり。)希望者多数の場合は抽選となりますので、6月18日(金曜日)午後5時までにお申し込みください。
  3. ③ 座席は間隔をあけて用意します。
  4. ④ 換気のために窓やドアを開けて上映します。(今までより会場が明るくなります。)

※参加される皆さまはマスク着用のうえ、ご来場をお願いいたします。

作品『駅馬車』
 6月25日(金曜日)・6月26日(土曜日)
 いずれも午後1時30分より開催

1時間39分 アメリカ
監督 ジョン・フォード
脚本 ダドリー・ニコルズ
原作 アーネスト・ヘイコックス
出演 ジョン・ウェイン、クレア・トレバー、トーマス・ミッチェル ほか

1939年公開。1880年代の西部、アリゾナからニューメキシコへ一台の駅馬車が疾走していた。乗り込んだのは、酔いどれの医者ブーン、商売女のダラス、小心者の酒商人ピーコック、銀行頭取ヘンリー・ゲートウッド、貴婦人ルーシー・賭博師ハットフィールド、カーリー・ウィルコック保安官、御者のバック、それに脱獄囚のリンゴー・キッドを加えた9人の男女。笑いや涙、乗客たちの人間模様を絶妙に織り交ぜつつ、ダイナミックなアパッチ族の襲撃シーンや、無法者たちによるクライマックスの決闘など、娯楽要素も満載。息もつかせない展開が見事な、巨匠ジョン・フォード監督の代表作にして、今なお色褪せない西部劇の最高傑作です。映画評論家の故淀川長治氏が「世界映画オールタイムベストテン」で第1位に挙げた本作を、ぜひセンターでお楽しみください!

お申し込み・お問い合わせ
川崎市視覚障害者情報文化センター 橋口まで

※音声解説付きDVD映画の体験上映会は、新型コロナウイルス感染拡大状況によっては直前で中止・延期になる場合があります。予めご了承ください。


6月19日(土曜日)
ヨガ教室(予約制)対面クラス・オンラインクラスのご案内

 呼吸に意識を向けながら体をゆっくり動かして普段の緊張を緩め、心と体のバランスを整えていくヨガ教室です。
 会場で直接レッスンを受ける対面クラスと、パソコンやスマートフォンなどを使ってご自宅でレッスンを受けるオンラインクラスの二つを開催いたします。新型コロナウイルスの感染状況により対面クラスは中止の可能性がありますが、オンラインクラスは感染状況に関わらず実施いたします。
 なお、対面クラスに同行のご家族様・ガイドヘルパー様には別室でお待ちいただく場合がありますので、予めご了承ください。

対面クラスの対象者
全盲、ロービジョン(弱視)、見えにくいと感じているかた。(障害者手帳の有無は不問です。)
オンラインクラスの対象者(以下の①から③のすべてに該当するかた)
① 全盲、ロービジョン(弱視)、見えにくいと感じているかた。(障害者手帳の有無は不問です。)
② 川崎市在住・在勤・在学のかた。
③ ご自宅でZoomアプリを使用できるかた。

※ヨガ教室参加経験のないかた、Zoomアプリの操作に慣れていないかたには、事前に直接指導いたしますので、ご遠慮なくご相談ください。

開催日
2021年6月19日(土曜日)
開催時間
午前の部 午前10時から11時30分
午後の部 午後1時30分から3時(オンラインクラス同時開催)
会場
川崎市視覚障害者情報文化センター 3階 多目的室
参加費
無料
定員
対面クラス:各回8名。予約制。
オンラインクラス:10名。予約制。
ご用意いただくもの
・動きやすい服装。靴下着用のかたは、滑り止めのついた五本指靴下。
・汗ふきタオル。
・水分補給用の水など。
お申し込み・お問い合わせ
川崎市視覚障害者情報文化センター 担当 金子まで

※ヨガ教室(対面クラス)は、新型コロナウイルス感染拡大状況によっては直前で中止・延期になる場合があります。予めご了承ください。


6月11日(金曜日)
読書会のご案内

 読書会は、一つの作品を各自で読み、作品の感想などを話し合うイベントです。個人で読んだときには気づかなかった視点から作品を見ることができ、色々な感想に触れることができます。どなたでも楽しんでいただける催しですので、視覚障害当事者のかただけでなく、ボランティア・ガイドヘルパー・点訳者・音訳者・ご家族の方々もお気軽にご参加ください。
 今回は、2021年本屋大賞受賞作の 町田 そのこ 著『52ヘルツのクジラたち』の感想を語り合います。

『52ヘルツのクジラたち』(町田 そのこ 著)

内容
自分の人生を家族に搾取されてきた女性と、母に虐待され「ムシ」と呼ばれていた少年。孤独ゆえ愛を欲し、裏切られてきた彼らが出会う時、新たな魂の物語が生まれる。
日時
2021年6月11日(金曜日)午後1時30分から3時(予定)
会場
川崎市視覚障害者情報文化センター 3階 多目的室
参加費
無料
その他
感想を語り合いますので、作品をお読みになってご参加ください。点字図書(4巻)・デイジー図書(1枚・8時間40分)をご希望のかたには貸し出しをいたしますので、お申し出ください。川崎市外のかたでも参加可能です。皆さまのご参加をお待ちしています。
お申し込み・お問い合わせ
川崎市視覚障害者情報文化センター 担当 庄司まで

5月21日(金曜日)・5月22日(土曜日)
音声解説付きDVD映画の体験上映会(予約制)開催のお知らせ

 当センターでは、音声解説付きDVD映画の体験上映会を開催しております。音声解説とは、登場人物の動きや背景等、映画の視覚情報を言葉で説明した音声ガイドです。
 なお、新型コロナウイルス感染防止対策として、次の①から④の取り組みを行ないます。また、感染予防のため、センター内で食事をとることはできませんので、予め昼食を済ませてからご来場をお願いいたします。

  1. ① 同一映画を日にちを変えて2回開催します。
  2. ② 各日定員20名の予約制とさせていただきます。(感染状況により定員変更の場合あり。)希望者多数の場合は抽選となりますので、5月14日(金曜日)午後5時までにお申し込みください。
  3. ③ 座席は間隔をあけて用意します。
  4. ④ 換気のために窓やドアを開けて上映します。(今までより会場が明るくなります。)

※参加される皆さまはマスク着用のうえ、ご来場をお願いいたします。

作品『イエスタデイ』
 5月21日(金曜日)・5月22日(土曜日)
 いずれも午後1時30分より開催

2時間 イギリス
監督・製作 ダニー・ボイル
脚本・製作 リチャード・カーティス
出演 ヒメーシュ・パテル、リリー・ジェームズ、エド・シーラン ほか

2019年公開。主人公のジャックはシンガー・ソングライター。成功を夢見て、幼なじみでマネジャーのエリーと地道にライブ活動を続けるものの、全然売れない。ついには夢を諦めようとしたある日、世界規模で謎の大停電が発生、ジャックは交通事故に遭い昏睡状態に陥ってしまう。一命こそとりとめたものの、変わらぬ日常の中に小さな違和感を覚えるジャック。きっかけは、友人たちの前で歌った「イエスタデイ」だった!人々の記憶から消えたビートルズと名曲の数々。ビートルズを知っているのは世界でただひとり、それを完璧にコピーして発表したら?大雨の夜、ジャックはある決意をする。優柔不断な青年が手にした名声に悩み、失ったものを取り戻すまでを、ビートルズのナンバーにのせながら描いていくキュートなラブストーリー。

お申し込み・お問い合わせ
川崎市視覚障害者情報文化センター 橋口まで

※音声解説付きDVD映画の体験上映会は、新型コロナウイルス感染拡大状況によっては直前で中止・延期になる場合があります。予めご了承ください。


5月15日(土曜日)
かわさき春のコンサート(予約制)のご案内

 5月15日(土曜日)に開催する春のコンサートは、プロのサックス奏者4名で結成されたクァルテット颯(はやて)によるサクソフィーンライブ演奏をお届けいたします。
 颯とは、風が颯爽と吹く爽やかで勇ましい様。結成時よりリサイタル開催、東京交響楽団主催コンサート、日本サクソフォーン協会主催サクソフォーンフェスティバルに出演するなど、コンサート活動を精力的に行ない、2015年CD 「VARIATIONS」は優秀録音盤に推薦され好評を得ています。2018年夏のヨーロッパツアーでは、ハンガリーはバルトークホールでのリサイタルは好評を博し、クロアチアでの世界サクソフォーンコングレスに招聘されリサイタルを行ないました。2019年6月ヴェスパーレコードより「QUARTET HAYATE」をリリースし、邦人作品の魅力に迫るコンセプトと芸術性が高く評価され、レコード芸術誌にて特選盤に選出されました。往年のフランスと日本の四重奏団の煌く音を求め、未来志向の音楽性との融合を図るべく活動を展開し、「赤ベル」と称される銘器ビュッフェ・クランポン社製プレスティージュ、センゾ4本によるカルテットとして注目されています。
 当センターでも2018年5月のコンサートで演奏していただいたところ、皆さまから「すばらしい!」「感動しました」という声がたくさん寄せられましたので、今回アンコール公演をお願いしました。
 当日はグループの名前の通り、颯爽と吹く風のように、かつ心に強く響く演奏をお届けすることと思います。皆さま、どうぞお誘いあわせのうえお越しください。心よりお待ちいたしております。
 なお、当日は、席と席の間を空けて座席を配置し、定員70名で全席指定といたします。2021年4月17日(土曜日)午後5時までにお申し込みください。応募者多数の場合は、抽選とさせていただき、当選者にはセンターからチケットをお送りいたします。また、落選した場合でもご連絡を差し上げます。

日時
2021年5月15日(土曜日) 午後12時30分から2時30分(開場12時)
会場
ふれあいプラザかわさき 2階 ホール
出演者
ソプラノ・サクソフォーン 滝上 典彦(たきうえ のりひこ)
アルト・サクソフォーン 竹内 沙耶香(たけうち さやか)
テナー・サクソフォーン 中山 順次(なかやま じゅんじ)
バリトン・サクソフォーン 大貫 比佐志(おおぬき ひさし)
演奏曲
プラネル / バーレスク
宮川彬良 / ソナチネオ
アルベニス / カディス ほか
※曲目については変更の可能性がございます。
参加費
無料(全席指定)
定員
70名。予約制・全席指定。
(新型コロナウイルス感染状況により、定員変更の場合あり)
お申し込み・お問い合わせ
2021年4月17日(土曜日)午後5時までに、川崎市視覚障害者情報文化センターのイベント担当までお申し込みください。

※ 今回の開演時間は12時30分です。これまでより早く開演しますので、お時間にご注意ください。また、全席指定ですので、早めに来て並ぶ必要はありません。12時の開場後にお越しください。なお、新型コロナウイルス感染予防のため、センター内で食事をとることはできませんので、予めご昼食を済ませてからご来場ください。また、会場内ではマスクの着用をお願いいたします。

クァルテット颯(はやて)出演者の写真

5月8日(土曜日)
ヨガ教室(予約制)対面クラス・オンラインクラスのご案内

 呼吸に意識を向けながら体をゆっくり動かして普段の緊張を緩め、心と体のバランスを整えていくヨガ教室です。
会場で直接レッスンを受ける対面クラスと、パソコンやスマートフォンなどを使ってご自宅でレッスンを受けるオンラインクラスの二つを開催いたします。新型コロナウイルスの感染状況により対面クラスは中止の可能性がありますが、オンラインクラスは感染状況に関わらず実施いたします。
 なお、対面クラスに同行のご家族様・ガイドヘルパー様には別室でお待ちいただく場合がありますので、予めご了承ください。

対面クラスの対象者
全盲、ロービジョン(弱視)、見えにくいと感じているかた。(障害者手帳の有無は不問です。)
オンラインクラスの対象者(以下の①から③のすべてに該当するかた)
① 全盲、ロービジョン(弱視)、見えにくいと感じているかた。(障害者手帳の有無は不問です。)
② 川崎市在住・在勤・在学のかた。
③ ご自宅でZoomアプリを使用できるかた。

※ヨガ教室参加経験のないかた、Zoomアプリの操作に慣れていないかたには、事前に直接指導いたしますので、ご遠慮なくご相談ください。

開催日
2021年5月8日(土曜日)
開催時間
午前の部 午前10時から11時30分
午後の部 午後1時30分から3時(オンラインクラス同時開催)
会場
川崎市視覚障害者情報文化センター 3階 多目的室
参加費
無料
定員
対面クラス:各回8名。予約制。
オンラインクラス:10名。予約制。
ご用意いただくもの
・動きやすい服装。靴下着用のかたは、滑り止めのついた五本指靴下。
・汗ふきタオル。
・水分補給用の水など。
お申し込み・お問い合わせ
川崎市視覚障害者情報文化センター 担当 金子まで

※ヨガ教室(対面クラス)は、新型コロナウイルス感染拡大状況によっては直前で中止・延期になる場合があります。予めご了承ください。


センター長からひとこと
新年度を迎えて

 さて、いよいよ春の到来です。そして、新たな年度のスタートです。

 昨年度は、新型コロナ感染予防のため、音楽コンサート、川崎アイeyeセンターまつり、各種講座が、開催できなくなってしまいました。今年度は、例年通り事業を行なうことができるようにと祈るばかりです。

 ただ、悪かったことばかりではありません。Zoomという離れた場所の人たちと映像付きで会話ができるソフトによって、オンラインヨガ教室を開始し、自宅にいながらヨガ教室に参加できるようになりました。遠方のため、こちらに来所するのが難しいかたも参加できるようになりました。当センターのサービスを川崎市全域に展開するために、有効なツールと思われます。また、もう一つコロナ禍で有効だったツールがメールマガジンです。2週間に一度発行しますので、急なサービスの変更、イベントの中止・再開、川崎市からのお知らせなど、タイムリーにお伝えすることができました。そのほかに、商品情報、職員の素顔が覗けるコラム、日常生活でちょっと便利な情報など、気軽に楽しめる内容になっています。パソコン、スマートフォンはもちろんですが、らくらくホンのようなガラケーでも受信できます。ぜひ、お読みいただきたいと思います。ご希望のかたは、センターまでメール、またはお電話でお申し込みください。

 さて、新年度になり職員の入れ代わりがありましたので、お伝えいたします。これまで、貸し出し係を担当していた 岩渕 百世(いわぶち ももよ)が異動になり、新たに 藤本 剛(ふじもと ごう)が赴任いたしました。また、パソコン訓練を担当していた 渡辺 明(わたなべ あきら)が異動になり、高木 智代(たかき ともよ)が新規採用職員として赴任いたします。岩渕はセンター開所以来のメンバーで、図書の貸し出しリクエストの受け付けでは皆さまには大変お世話になりました。これまで、センターを支えてきてくれた大黒柱ですが、更なる活躍が期待され日本点字図書館の用具事業課の課長となります。また、渡辺明は2019年度よりパソコン訓練、用具販売コーナーを担当しておりました。丁寧な対応をモットーに皆さまに接してまいりました。4月からは日本点字図書館の図書情報課の課長となります。この二人がいなくなることはとても大きな損失ですが、将来を嘱望されている二人です。益々の活躍を期待したいと思います。さて、新たに入ってくる二人ですが、藤本は30代の男性。これまで日本点字図書館の図書情報課で中核を担う存在として活躍してきました。岩渕の後任として、新たな個性を発揮してくれると思います。また、高木は20代の全盲の女性で、パソコン訓練を担当します。海外留学の経験もある明るく元気なかたなので、楽しく、丁寧に指導してくれると思います。

 このような新たなメンバーを迎えた新たなハーモニーで、たくさんの皆さまを笑顔にできるよう業務に励んでいきたいと思います。本年度も、どうぞ宜しく御願いします。

センター長 杉山 雅章(すぎやま まさあき)


愛称を「川崎アイeyeセンター」に変更しました

 当センターの愛称 「アイeyeセンター」 を2018年4月より 「川崎アイeyeセンター」 といたしました。 “川崎”をつけることにより、サービスの対象地域を明確にし、川崎市民の視覚障害者に身近な施設として感じていただくためです。
 新たな愛称と共に、より多くの方にご利用いただけるよう努力して参ります。今後とも、どうぞよろしくお願いします。


先月までの主なお知らせ


トップページへ戻る


ここまで本文
文字の大きさ