ここから本文

お知らせ (更新日 10月1日)

最新のお知らせ一覧は以下の通りです

センターからのお知らせ

イベント開催情報


ネット閲覧室お届けサービスを試してみませんか?

 プレクストークPTR3、リンクポケットでサピエ図書館をご利用中のかたにご案内です。

 すでにお使いのかたはご承知のとおり、PTR3、リンクポケットからサピエ図書館を利用する際にはネット閲覧室に図書を登録して利用します。このネット閲覧室、ご自分で検索したものを登録できるのはもちろんですが、当センターのスタッフからも登録ができることはご存知でしたか?

 当センターでは、ネット閲覧室にセンターのスタッフが図書の登録をする「ネット閲覧室お届けサービス」を試験的・先行的に実施しています。プレクストークPTR3、リンクポケットでサピエ図書館を利用しているかたの中から、このサービスの参加希望者を募集いたします。

 このお届けサービスにご参加・ご協力いただける場合、1回につきおよそ3タイトル、月に2回、センターからの自動送信も併せて体験していただきます。実施期間は11月末までです。11月末まで毎月10日・25日に、3タイトル程度の図書がネット閲覧室に登録されるということになります。タイトルの選定は当センターによるもので、サピエで人気のあるものやスタッフ独自のチョイス、また新刊図書をちょっと早めにお送りするなどを予定しています。12月には、その体験を踏まえてアンケート調査にご協力いただき、今後のサービスについての検討材料とさせていただく予定です。

 自分で頼まずとも、ネット閲覧室に図書が送られてくるほか、もちろんご自分の希望があれば、それをセンターにお申し込みいただくのにも対応するこのサービス。参加・協力したいとお考えのかたは、貸し出し担当の藤本までお電話ください。ご応募をお待ちしております。


センター長からひとこと 防災について考える

 空が澄み、すがすがしい秋風を感じる頃となりました。過ごしやすい季節である一方、台風、大雨などの災害が増える季節です。このような時期ですので、今回は防災について考えてみたいと思います。

 2021年12月、山梨県、福島県などで複数の大きな地震が発生しました。幸い大きな被害はありませんでしたが、もし関東で日中に発生していたら、電車がしばらく止まってしまう可能性があります。センターで映画会やヨガ教室などを開催していれば、帰宅することができない人が多数出てしまいます。センターでは以前から飲料水、非常食、非常トイレなどを数日分用意しておりましたが、この地震を機に20人分の寝袋を用意し、万が一の時にはセンターで宿泊できるように備えました。皆さまは、災害に対してどんな準備をしているでしょうか。防災には、自助、共助、公助の3つの要素があります。ここでは皆さまに備えてほしい自助と共助についてお話しします。

 まず、自助についてです。災害に備えて用意するものに、「非常用持ち出し袋」があります。非常食、水、ケガの治療キット、ラジオ、雨具などが入っています。これを用意していただきたいのですが、「そこまではちょっと…」というかたに、是非お勧めしたい最低限の準備があります。それほど難しい事ではありませんし、お金もかかりません。でも、これは大げさに言えば皆さまの命を守るための準備になります。用意していただくのは、健康保険証のコピー、身体障害者手帳、或いは免許証などの身分証明書のコピー(写真が貼ってあるところ)、通帳のコピー(銀行名、口座番号、名前がわかるところ)、お薬手帳、3日分の薬、家族・親戚などの緊急連絡先を書いたメモ、そして家族・親戚などの写真、それに現金が少々です。これを首にかける小型のポシェットや巾着袋のようなものに入れておきます。避難する時には、これと携帯電話、白杖だけは持ち出すようにします。

 避難所には数日後に医者が来るようになるそうです。でも、自分の飲んでいる薬と同じ薬が処方されず、健康を害してしまう人が多いそうです。医者に病名を話すことはできても、薬名までは正確に覚えていないからです。また、薬名を覚えていても、何ミリグラムなのかわからないと、やはり正しく処方されません。ですからお薬手帳を持っていることがとても重要になります。手帳の代わりに、薬を処方されたときに渡される説明書でも大丈夫です。薬を特定できるものを用意しておいてください。

 大規模災害の際には、「災害時における金融上の特別措置」により、1日10万円(ゆうちょ銀行は20万円)までの現金を引き出すことができます。通帳のコピーと身分証明書のコピーがあれば、通帳の所有者であることが確認できますので、印鑑が無くてもお金を引き出すことができます。また、写真を入れておくのは、他の人にお願いして家族・親戚を探してもらう際に使用します。

 次に共助についてです。皆さまにまず行なってほしいのは「災害時要援護者避難支援制度」への登録です。川崎市では、災害時に自力で避難することが困難で、在宅で生活している高齢者や障害のあるかたなどを、町内会・自治会、自主防災組織及び民生委員等が支援する仕組みがあります。皆さまが災害時要援護者であることを地域の方々に知ってもらうことによって、災害時に避難誘導や安否確認等をしてもらえるというものです。個人情報の提供に同意していただくことが前提ですが、この名簿に登録されれば、いざというときに、身近な地域の方々の支援を受けることができると思われます。「避難所まで一人で行けない。」「この雨の中をどのようにして行ったらよいのだろう。」そんな時に支援者がいれば、心強いと思います。まだ、3割程度のかたしか登録されていないということです。どうぞ、最寄りの区役所の障害者支援係に申請していただきたいと思います。

 自助・共助で皆さまに最低限準備してほしいことをお話しました。やるべきことはまだまだありますが、まず意識を高めることが大切です。そうすれば、必要な情報を自らチェックするようになっていくからです。「ぶっくがいど」今月号の職員おすすめ図書では、防災を特集しています。是非こちらをお読みいただき、いざという時に備えていただきたいと思います。「備えあれば、憂いなし」ですよ。

センター長 杉山 雅章 (すぎやま まさあき)


音声版「アイeye」創刊のご案内

 センターで発行しているメールマガジン「アイeye」(月2回発行)が読者にとても好評です。メールマガジンとは、パソコンやスマートフォン、携帯電話にインターネットを通して送信するメールの広報誌です。このメールマガジンをメールが受信できないかたにもお読みいただきたいと思い、音声版「アイeye」を創刊いたしました。メールマガジン2か月4号分を再編集し、奇数月にCDで貸し出す新たな音声雑誌です。メールマガジンならではの、タイムリーな情報、職員の素顔を垣間見ることのできるコラム、図書や用具の紹介、訓練のエピソードなどが気軽に楽しめる30分から40分ほどの音声雑誌です。ご希望のかたは、センターまでお申し込みください。なお音声は合成音声で製作しています。


2022年度音声解説付きDVD映画の体験上映会プログラム

 音声解説付きDVD映画の体験上映会、2022年度上映作品を紹介したプログラムを配布しています!
 センターでは、毎月「音声解説付きDVD映画の体験上映会」を開催しています。多くの来場者に恵まれ、今ではセンターを代表する人気イベントとして定着しました。さらに、昨年はサウンドシステムを一新。スピーカーを増設したことで、音質が大幅に向上し、より迫力ある音質で映画を楽しむことができるようになりました。
 大型スクリーンに良質なサウンドとくれば、最高の映画を楽しみたいものです。お任せください!2022年度も皆様からのリクエストを交えた12作品を選出、また映画との出会いを楽しむことができるよう、作品情報をまとめたプログラムを制作しました。拡大文字版・点字版・音声デイジー版・テキストデ―タ版・PDF版をご用意しましたので、ご希望のデータをダウンロードしご活用ください。

 なお、このイベントはコロナウイルス感染予防のため、同じ映画を2日間上映し、密にならないように配慮しています。定員は各日20名で、申込者多数の場合は抽選になります。申し込み締め切りは、上映日の2週間前です。感染状況によっては、定員の増減および中止になる場合があります。詳しくは、イベント担当までお問い合わせください。

ダウンロード
(1) 拡大文字版(PDF/1.14MB)
(2) テキストデータ(txt/13.9KB)
(3) 点字版(BES/7.29KB)
(4) 音声デイジー版(DAISY2.02/7.40MB)

※(3)と(4)はZIP形式で圧縮されていますので、解凍ソフトで解凍してからご利用ください。

アイeyeシネマ館のイメージ写真(サングラスを掛けた少女がスクリーンを眺めている画像)

愛称を「川崎アイeyeセンター」に変更しました

 当センターの愛称 「アイeyeセンター」 を2018年4月より 「川崎アイeyeセンター」 といたしました。 “川崎”をつけることにより、サービスの対象地域を明確にし、川崎市民の視覚障害者に身近な施設として感じていただくためです。
 新たな愛称と共に、より多くの方にご利用いただけるよう努力して参ります。今後とも、どうぞよろしくお願いします。


12月23日(金曜日)・12月24日(土曜日)
音声解説付きDVD映画の体験上映会(予約制)開催のお知らせ

 当センターでは、音声解説付きDVD映画の体験上映会を開催しております。音声解説とは、登場人物の動きや背景等、映画の視覚情報を言葉で説明した音声ガイドです。
 なお、新型コロナウイルス感染防止対策として、次の①から④の取り組みを行ないます。また、感染予防のため、センター内で食事をとることはできませんので、あらかじめ昼食を済ませてからご来場をお願いいたします。

  • ① 同一映画を日にちを変えて2回上映します。
  • ② 各日定員20名の予約制です。(感染状況により定員変更の場合あり。)
    定員を超えた場合は抽選となりますので、12月9日(金曜日)午後5時までにお申し込みください。
  • ③ 座席は間隔をあけて用意します。
  • ④ 換気のために窓やドアを開けて上映します。

※参加される皆さまはマスク着用のうえ、ご来場をお願いいたします。

作品『ノマドランド』
12月23日(金曜日)・12月24日(土曜日)
いずれも午後1時30分より開催

1時間48分 アメリカ
監督・脚本 クロエ・ジャオ
出演 フランシス・マクドーマンド、デヴィッド・ストラザーン ほか

2021年公開。第93回アカデミー賞受賞作品。車上生活を送る60代の女性ファーンの旅を通して、現代を生き抜く希望を灯す壮大なロードムービー。2011年のアメリカ、ネバダ州。経営破綻した石膏採掘所の閉鎖とともに、企業城下町であったエンパイアの住民たちは立ち退きを強いられ、町の郵便番号も抹消されてしまう。住み慣れた家を失ったファーンは、愛車に亡き夫との思い出を積み込み、現代の「ノマド(遊牧民)」として広大なアメリカの地をさすらう。過酷な季節労働の現場を渡り歩きながら、その日その日を懸命に生き抜くファーン。行く先々で出会う人々との交流や別れを重ねながら、自身の半生を見つめ直していく。アメリカの大自然の中で、何にも縛られず自由に生きるノマドの姿を、実在のノマドたちの声も織り交ぜることで、ドキュメンタリーとフィクションを巧みに融合させた、クロエ・ジャオ監督の意欲作。

お申し込み・お問い合わせ
川崎市視覚障害者情報文化センターまで。

※音声解説付きDVD映画の体験上映会は、新型コロナウイルス感染拡大状況によっては直前で中止・延期になる場合があります。予めご了承ください。


12月17日(土曜日)
ヨガ教室(予約制) 対面クラス・オンラインクラスのご案内

 ヨガ初心者のかたでも無理なくできるヨガ教室です。
 会場で直接レッスンを受ける対面クラスと、パソコンやスマートフォンなどを使ってご自宅でレッスンを受けるオンラインクラスの二つを開催いたします。新型コロナウイルスの感染状況により対面クラスは中止の可能性がありますが、オンラインクラスは感染状況に関わらず実施いたします。
 なお、対面クラスに同行のご家族様・ガイドヘルパー様には別室でお待ちいただく場合がありますので、予めご了承ください。

対面クラスの対象者
全盲、ロービジョン(弱視)、見えにくいと感じているかた。(障害者手帳の有無は不問です。)
オンラインクラスの対象者(以下の①から③のすべてに該当するかた)
① 全盲、ロービジョン(弱視)、見えにくいと感じているかた。(障害者手帳の有無は不問です。)
② 川崎市在住・在勤・在学のかた。
③ ご自宅でZoomアプリを使用できるかた。

※ヨガ教室参加経験のないかた、Zoomアプリの操作に慣れていないかたには、事前に直接指導いたしますので、ご遠慮なくご相談ください。

開催日
2022年12月17日(土曜日)
開催時間
午前の部 午前10時から11時30分
午後の部 午後1時30分から3時(オンラインクラス同時開催)
会場
川崎市視覚障害者情報文化センター 多目的室
参加費
無料
定員
対面クラス:各回8名。予約制。
オンラインクラス:10名。予約制。
ご用意いただくもの
・動きやすい服装。靴下着用のかたは、滑り止めのついた五本指靴下。
・汗ふきタオル。
・水分補給用の水など。
お申し込み・お問い合わせ
川崎市視覚障害者情報文化センター 担当 金子まで

※ヨガ教室(対面クラス)は、新型コロナウイルス感染拡大状況によっては直前で中止・延期になる場合があります。予めご了承ください。


12月10日(土曜日)
古今亭菊太楼 落語会(予約制)開催のご案内

古今亭菊太楼 写真

 年末恒例のお楽しみ演芸会。今年は古今亭菊太楼師匠の落語をお聴きいただきます。菊太楼師匠には2019年にもご出演いただき、大変好評でした。その後、2020年には当センターの新刊図書案内「ぶっくがいど」へ落語音源の提供をいただくなど、当センターにはすっかりおなじみの師匠、満を持して3年ぶりのご出演です。菊太楼師匠の話芸をぜひ、皆さまにお聴きいただきたいと思います。
 なお、当日は、席と席の間を空けて座席を配置し、定員70名で全席指定といたします。11月19日(土曜日)午後5時までにセンターにお申し込みください。応募者多数の場合は、抽選とさせていただき、当選者にはセンターからチケットをお送りいたします。また、落選した場合でもご連絡を差し上げます。沢山の皆さまの応募をお待ちしています。

日時
2022年12月10日(土曜日) 午後1時30分から3時30分(12時30分開場)
会場
ふれあいプラザかわさき 2階 ホール
参加費
無料
定員
70名。予約制・全席指定。
お申し込み・お問い合わせ
2022年11月19日(土曜日)午後5時までに、電話またはメールで川崎市視覚障害者情報文化センターのイベント担当までお申し込みください。

※新型コロナウイルス感染状況により、定員を変更する場合があります。
※定員を超えた場合は抽選となります。
※全席指定ですので、早めに来て並ぶ必要はありません。12時30分の開場後にお越しください。
※新型コロナウイルス感染予防のため、センター内で食事をとることはできませんので、予めご昼食を済ませてからご来場ください。
※会場内ではマスクの着用をお願いいたします。


12月3日(土曜日)
体験型音楽講座「ジャズの楽しみ方」(予約制)のご案内

 今年度からの新企画。ジャズの曲を通して、体験しながら音楽を学ぶ講座です。講師はなんと、かわさきジャズにも出演しているプロのピアニスト福本純也氏。コンセプトは「ジャズの歴史や、曲がどうやってできているかを学んでいき、音楽の新しい楽しみ方を発見しましょう。」というもの。座学だけでなく、実際に打楽器を使ったリズムセッションの体験など、音楽のさらなる面白さを感じていただきます。もちろん、音楽未経験者でも大丈夫ですよ。
 この講座は偶数月の第一土曜日に開催。今回で4回目です。

第4回講座の内容

テーマ:ジャズプレイヤーはなぜ即興演奏ができるの?
ジャズの最大の魅力は、プレイヤーが自由に演奏するソロセクションの即興演奏。彼らはどうやって譜面に書いていないメロディーを自由に演奏しているのでしょうか?まずは、即興演奏についてひもといていきましょう。そして、学校では教えてくれない音楽の基礎知識(和音の並べ方や、メロディの作り方)を学んで、音楽を作り出すという体験をしてみましょう。
参考音源:「So Tender/ソー・テンダー」キース・ジャレット(作曲)
日時
2022年12月3日(土曜日) 午後1時30分から3時
会場
川崎市視覚障害者情報文化センター 多目的室
参加費
無料
定員
30名。(定員を超えた場合は抽選。コロナ感染状況により定員変更の場合あり。)
お申し込み・お問い合わせ
2022年11月19日(土曜日)午後5時までに、電話またはメールで川崎市視覚障害者情報文化センターのイベント担当までお申し込みください。

※体験型音楽講座「ジャズの楽しみ方」は、新型コロナウイルス感染拡大状況によっては直前で中止・延期になる場合があります。予めご了承ください。


11月25日(金曜日)・11月26日(土曜日)
音声解説付きDVD映画の体験上映会(予約制)開催のお知らせ

 当センターでは、音声解説付きDVD映画の体験上映会を開催しております。音声解説とは、登場人物の動きや背景等、映画の視覚情報を言葉で説明した音声ガイドです。
 なお、新型コロナウイルス感染防止対策として、次の①から④の取り組みを行ないます。また、感染予防のため、センター内で食事をとることはできませんので、あらかじめ昼食を済ませてからご来場をお願いいたします。

  • ① 同一映画を日にちを変えて2回上映します。
  • ② 各日定員20名の予約制です。(感染状況により定員変更の場合あり。)
    定員を超えた場合は抽選となりますので、11月11日(金曜日)午後5時までにお申し込みください。
  • ③ 座席は間隔をあけて用意します。
  • ④ 換気のために窓やドアを開けて上映します。

※参加される皆さまはマスク着用のうえ、ご来場をお願いいたします。

作品『ユー・ガット・メール』
11月25日(金曜日)・11月26日(土曜日)
いずれも午後1時30分より開催

1時間59分 アメリカ
監督 ノーラ・エフロン
出演 トム・ハンクス、メグ・ライアン、グレッグ・キニア ほか

1998年公開。インターネットで知り合った名前も知らない男女がメールのやり取りをしながらお互いに惹かれ合っていく、運命的な恋を描いたラブ・ストーリー。映画「めぐり逢えたら」のノーラ・エフロン監督、主演のトム・ハンクス&メグ・ライアンのコンビが再び顔を合わせた作品である。ニューヨークの片隅で、母から受け継いだ小さな絵本専門店「街角の小さな本屋さん」を営むキャスリーン。彼女はメールで知り合った顔も知らない相手、「NY152」に恋をしていた。ある日キャスリーンの店のすぐそばに、大型書店「フォックス・ブックス」がオープンする。「豊富な品揃え・低価格・カフェ併設」を売りにしたチェーン店で、その御曹司であるジョーとキャスリーンは、商売敵とあり犬猿の仲。だが実は、そのジョーこそがメールの相手である「NY152」だった!そんなこととはつゆ知らず、2人は直接会う約束を交わしてしまうが…。

お申し込み・お問い合わせ
川崎市視覚障害者情報文化センターまで。

※音声解説付きDVD映画の体験上映会は、新型コロナウイルス感染拡大状況によっては直前で中止・延期になる場合があります。予めご了承ください。


11月19日(土曜日)
ヨガ教室(予約制) 対面クラス・オンラインクラスのご案内

 ヨガ初心者のかたでも無理なくできるヨガ教室です。
 会場で直接レッスンを受ける対面クラスと、パソコンやスマートフォンなどを使ってご自宅でレッスンを受けるオンラインクラスの二つを開催いたします。新型コロナウイルスの感染状況により対面クラスは中止の可能性がありますが、オンラインクラスは感染状況に関わらず実施いたします。
 なお、対面クラスに同行のご家族様・ガイドヘルパー様には別室でお待ちいただく場合がありますので、予めご了承ください。

対面クラスの対象者
全盲、ロービジョン(弱視)、見えにくいと感じているかた。(障害者手帳の有無は不問です。)
オンラインクラスの対象者(以下の①から③のすべてに該当するかた)
① 全盲、ロービジョン(弱視)、見えにくいと感じているかた。(障害者手帳の有無は不問です。)
② 川崎市在住・在勤・在学のかた。
③ ご自宅でZoomアプリを使用できるかた。

※ヨガ教室参加経験のないかた、Zoomアプリの操作に慣れていないかたには、事前に直接指導いたしますので、ご遠慮なくご相談ください。

開催日
2022年11月19日(土曜日)
開催時間
午前の部 午前10時から11時30分
午後の部 午後1時30分から3時(オンラインクラス同時開催)
会場
川崎市視覚障害者情報文化センター 多目的室
参加費
無料
定員
対面クラス:各回8名。予約制。
オンラインクラス:10名。予約制。
ご用意いただくもの
・動きやすい服装。靴下着用のかたは、滑り止めのついた五本指靴下。
・汗ふきタオル。
・水分補給用の水など。
お申し込み・お問い合わせ
川崎市視覚障害者情報文化センター 担当 金子まで

※ヨガ教室(対面クラス)は、新型コロナウイルス感染拡大状況によっては直前で中止・延期になる場合があります。予めご了承ください。


11月5日(土曜日)
れきおんクラブ(予約制)開催のお知らせ

 国立国会図書館が配信している「歴史的音源」は、1900年代初めから1950年頃までにSP盤や金属盤に収録された貴重な音源をデジタル化して一般に公開している音源です。当センターでは奇数月に、この歴史的音源を楽しむ会「れきおんクラブ」を開催しています。
 11月にご紹介するのは「哀愁の歌謡ブルース 淡谷のり子とムード歌謡の代表曲」です。
 日本歌謡曲の黎明期にあって、クラシックから転身し、洋楽の歌手として時代を切り開いた淡谷のり子。そして生まれた日本独特のムード歌謡の成り立ちまでを、貴重な音源からたどります。淡谷のり子から高峰三枝子、鶴田浩二ら哀愁の名曲の数々をお楽しみください。

日時
2022年11月5日(土曜日)午後2時から4時
会場
川崎市視覚障害者情報文化センター 多目的室
参加費
無料
定員
20名。予約制。(新型コロナウイルス感染状況により、定員変更の場合あり)
お申し込み・お問い合わせ
川崎市視覚障害者情報文化センター 担当 金子まで

※れきおんクラブは、新型コロナウイルス感染拡大状況によっては直前で中止・延期になる場合があります。予めご了承ください。


10月28日(金曜日)・10月29日(土曜日)
音声解説付きDVD映画の体験上映会(予約制)開催のお知らせ

 当センターでは、音声解説付きDVD映画の体験上映会を開催しております。音声解説とは、登場人物の動きや背景等、映画の視覚情報を言葉で説明した音声ガイドです。
 なお、新型コロナウイルス感染防止対策として、次の①から④の取り組みを行ないます。また、感染予防のため、センター内で食事をとることはできませんので、あらかじめ昼食を済ませてからご来場をお願いいたします。

  • ① 同一映画を日にちを変えて2回上映します。
  • ② 各日定員20名の予約制です。(感染状況により定員変更の場合あり。)
    定員を超えた場合は抽選となりますので、10月14日(金曜日)午後5時までにお申し込みください。
  • ③ 座席は間隔をあけて用意します。
  • ④ 換気のために窓やドアを開けて上映します。

※参加される皆さまはマスク着用のうえ、ご来場をお願いいたします。

作品『次郎長三国志』
10月28日(金曜日)・10月29日(土曜日)
いずれも午後1時30分より開催

2時間6分 日本
監督 マキノ 雅彦
出演 中井 貴一、鈴木 京香、北村 一輝、佐藤 浩市 ほか

2008年公開。俳優の津川雅彦が「マキノ雅彦」名義で監督した2008年の作品「寝ずの番」に続く第2作として、叔父であるマキノ雅弘監督の人気シリーズのリメイクに挑戦した。旅に出た次郎長と彼への愛を貫くお蝶との夫婦愛を軸に展開する痛快チャンバラ時代劇。 中井貴一ら豪華俳優陣が、個性豊かなキャラクター揃いの次郎長一家の面々を熱演する。江戸末期、結婚したばかりの妻・お蝶を置いて、世渡り修行の旅に出た駆け出し博徒の次郎長。大政・大五郎・森の石松・追分政五郎ら、次郎長の男っぷりに惚れた男たちを仲間に加え、3年後に清水に戻る頃には東海道中にその名を轟かせるようになっていた。しかし、甲州で一大勢力を誇る黒駒の勝蔵、石松の宿敵でもある極悪人 三馬政が立ちはだかり、さらには一家の裏切り者、久六らが入り乱れてとんでもない事態に発展してしまう。絶体絶命のピンチに陥った次郎長、そして、子分たちの運命はいかに?

お申し込み・お問い合わせ
川崎市視覚障害者情報文化センターまで。

※音声解説付きDVD映画の体験上映会は、新型コロナウイルス感染拡大状況によっては直前で中止・延期になる場合があります。予めご了承ください。


10月15日(土曜日)
ヨガ教室(予約制) 対面クラス・オンラインクラスのご案内

 ヨガ初心者のかたでも無理なくできるヨガ教室です。
 会場で直接レッスンを受ける対面クラスと、パソコンやスマートフォンなどを使ってご自宅でレッスンを受けるオンラインクラスの二つを開催いたします。新型コロナウイルスの感染状況により対面クラスは中止の可能性がありますが、オンラインクラスは感染状況に関わらず実施いたします。
 なお、対面クラスに同行のご家族様・ガイドヘルパー様には別室でお待ちいただく場合がありますので、予めご了承ください。

対面クラスの対象者
全盲、ロービジョン(弱視)、見えにくいと感じているかた。(障害者手帳の有無は不問です。)
オンラインクラスの対象者(以下の①から③のすべてに該当するかた)
① 全盲、ロービジョン(弱視)、見えにくいと感じているかた。(障害者手帳の有無は不問です。)
② 川崎市在住・在勤・在学のかた。
③ ご自宅でZoomアプリを使用できるかた。

※ヨガ教室参加経験のないかた、Zoomアプリの操作に慣れていないかたには、事前に直接指導いたしますので、ご遠慮なくご相談ください。

開催日
2022年10月15日(土曜日)
開催時間
午前の部 午前10時から11時30分
午後の部 午後1時30分から3時(オンラインクラス同時開催)
会場
川崎市視覚障害者情報文化センター 多目的室
参加費
無料
定員
対面クラス:各回8名。予約制。
オンラインクラス:10名。予約制。
ご用意いただくもの
・動きやすい服装。靴下着用のかたは、滑り止めのついた五本指靴下。
・汗ふきタオル。
・水分補給用の水など。
お申し込み・お問い合わせ
川崎市視覚障害者情報文化センター 担当 金子まで

※ヨガ教室(対面クラス)は、新型コロナウイルス感染拡大状況によっては直前で中止・延期になる場合があります。予めご了承ください。


10月1日(土曜日)
体験型音楽講座「ジャズの楽しみ方」(予約制)のご案内

 今年度からの新企画。ジャズの曲を通して、体験しながら音楽を学ぶ講座です。講師はなんと、かわさきジャズにも出演しているプロのピアニスト福本純也氏。コンセプトは「ジャズの歴史や、曲がどうやってできているかを学んでいき、音楽の新しい楽しみ方を発見しましょう。」というもの。座学だけでなく、実際に打楽器を使ったリズムセッションの体験など、音楽のさらなる面白さを感じていただきます。もちろん、音楽未経験者でも大丈夫ですよ。
 この講座は偶数月の第一土曜日に開催。今回で3回目です。

第3回講座の内容

テーマ:ブルースに親しもう
ジャズ、ロック、ポップスの起源ともいえるブルース。その原点は黒人奴隷の歴史と深い関係があります。ブルースの時代背景を知り、特有の旋律や決まった曲の形を学びましょう。さらにブルース特有の歌詞について触れていきます。きっと、誰もが簡単にブルースを作れてしまうことに驚くはずです。あなたの日常の本音をブルースにのせて、その表現を体験してみましょう。
参考音源:「Route 66」ボビー・トゥループ(作詞・作曲)
日時
2022年10月1日(土曜日) 午後1時30分から3時
会場
川崎市視覚障害者情報文化センター 多目的室
参加費
無料
定員
30名。(定員を超えた場合は抽選。コロナ感染状況により定員変更の場合あり。)
お申し込み・お問い合わせ
2022年9月17日(土曜日)午後5時までに、電話またはメールで川崎市視覚障害者情報文化センターのイベント担当までお申し込みください。

※体験型音楽講座「ジャズの楽しみ方」は、新型コロナウイルス感染拡大状況によっては直前で中止・延期になる場合があります。予めご了承ください。


先月までの主なお知らせ


トップページへ戻る


ここまで本文
文字の大きさ