ここから本文

お知らせ(更新日:10月29日)


最新のお知らせ一覧は以下の通りです

音声解説付きDVD映画の体験上映会開催のお知らせ

 当センターでは、今年度から音声解説付きDVD映画の体験上映会を開催しております。(音声解説とは、登場人物の動きや背景等、映画の視覚情報を言葉で説明した音声ガイドです。)
 11月と12月の上映日程をお知らせいたします。参加費は無料、予約の必要もありません。
 会場は当センター多目的室Aです。みなさまのご来場をお待ちしています。

作品『メリー・ポピンズ』
 11月25日(土曜日)午後1時30分より

2時間 19分 アメリカ
製作総指揮 ウォルト・ディズニー
監督 ロバート・スティーブンソン
脚本 ビル・ウォルシュ、ドン・ダグラディ
音楽 アーウィン・コスタル
作詞・作曲 ロバート・シャーマン、リチャード・シャーマン
出演 ジュリー・アンドリュース、ディック・ヴァン・ダイク ほか

1965年公開作品。ロンドンさくら通りに住むバンクス家の二人の子どもはいたずら盛り。新しい乳母の募集にやってきたのはメリー・ポピンズ。東風に乗ってきた彼女の不思議な魔法にかかれば、子ども部屋の片づけさえ楽しいゲームに早変わり。陽気な煙突掃除人バートを伴って、愉快な冒険へ繰り出して行く。ディズニー得意の特殊撮影で描かれる夢のような世界が「チム・チム・チェリー」はじめ歌い継がれる名曲で描かれるミュージカル大作。
「サウンド・オブ・ミュージック」のジュリー・アンドリュースが第37回(1964年)アカデミー賞主演女優賞ほか受賞。

作品『シン・ゴジラ』
 12月16日(土曜日)午後1時30分より

1時間59分 日本
総監督・脚本 庵野 秀明
監督・特技監督 樋口 真嗣
出演 長谷川 博己、竹野内 豊 ほか

2016年公開作品。東京湾で起きた水蒸気爆発と海底トンネルの崩落事故。すぐに総理の耳にも入り慌ただしく動く日本政府。そのさなか、巨大な尾が海中から高く持ち上がった。想定外の謎の巨大生物の登場に対応が遅れる政府。やがて東京に上陸した巨大生物は段階的に成長を繰り返し、破壊の限りを尽くしていく。予測不可能な怪獣に打つ手はあるのか、日本対ゴジラの総力戦が始まる。
日本に実際に怪獣が現れたらというシミュレーションの上で、政府、自衛隊、そして各セクションのプロたちはどう対応するのかを迫真の映像と圧倒的な台詞量で描くSF映画。今までの怪獣映画にはなかったリアルさと、現代日本の寓話となるメッセージ性が高く評価され、第71回毎日映画コンクール日本映画大賞を受賞した。


第4回「チャレンジド・ヨガ 〜視覚障がいの方のヨガ〜 体験会 in 川崎」

 6月から始めましたヨガ体験会には、これまで多くの皆さまにご参加いただきまして、誠にありがとうございました。今月も引き続き第4回ヨガ体験会を行いますので、これまで参加した方も、初めての方も、是非この機会にお楽しみください。
 ヨガは大きな移動を伴わず、安全に体の隅々まで動かすことができる視覚障がいの方に取り組みやすい運動の一つです。参加者全員保険加入しますので、安心してご参加ください。

対象者
全盲、ロービジョン(弱視)、見えにくいと感じている方。
※障害者手帳の有無は不問です。
※ガイドやご家族など、同伴の方には応募人数によっては、専用のマットをご用意できませんが、会場にお入りいただき、少しだけサポートしていただきながら、ヨガをご一緒にお楽しみください。
日時
2017年12月9日(土曜日)午後1時から2時30分
会場
川崎市視覚障害者情報文化センター 3階 多目的室
参加費
無料
持ち物・服装など
・動きやすい服装(ヨガウェアでなくても全く問題ありません)
※ヨガは裸足で行うのをお薦めしていますが、裸足に抵抗がある方は、五本指ソックスをご用意下さい(足裏に滑りどめが付いているものがお薦めです)。
・汗ふきタオル
・水分補給用の水など
※ヨガマットは、こちらでご用意いたします。
お申込み・お問い合わせ
川崎市視覚障害者情報文化センター 担当 金子まで

 ※予告:2月のヨガ体験会は2月10日(土曜日)の午後1時から2時30分に行います。


かわさき冬のコンサート開催のお知らせ

 今年の冬は、舞台・朗読劇など幅広く活動されている 山アすずたろう さんとその仲間たちによる、音楽劇「春夏秋冬」をお届けします。ギター&ピアノの演奏あり、会場の皆さんと一緒に歌って、盛り上がれる内容になっております。ぜひお楽しみください。年末を迎えてお忙しいとは思いますが、皆さまのお越しを心よりお待ちいたします。

日時
2017年12月2日(土曜日)
午後1時30分開場 午後2時開演(午後3時半終演予定)
会場
ふれあいプラザかわさき 2階ホール
参加費
無料
予約
不要
お問い合わせ
川崎市視覚障害者情報文化センター イベント担当まで

PDF版パンフレットのダウンロードはこちらから。


センター長からのご挨拶
「みなさんにとっての秋は?」

 10月になり、これからだんだんと秋が深まってきます。何をするにも快適な季節です。「スポーツの秋」「行楽の秋」「食欲の秋」「芸術の秋」「読書の秋」「旅行の秋」…… 秋に関する言葉はたくさんあります。みなさん、この秋に、ちょっと新しい試みをしてみませんか。「でも、何をやっていいのか…」と思われた方にお奨めしたいのは、お好きな分野の雑誌を読んでみることです。自分が好きなことを、もっと詳しく知ってみることによって、新たな楽しみが得られるかもしれません。また、新たな世界に足を踏み入れるきっかけになるかもしれません。現在サピエ図書館には、点字雑誌、デイジー雑誌が100種以上ありますので、様々な分野の最新の状況を知ることができます。また、この中にはテレビ講座の料理、園芸、俳句などのテキストもあります。みなさんの興味のあるものが見つかるのではないでしょうか。

 それではここで、サピエ図書館にあるデイジー雑誌から、いくつかご紹介したいと思います。人気の温泉情報をはじめ、新たにオープンする施設、話題のスポットなど旅の最新情報誌「旅行読売」。山登りやハイキングのお好きな方には「山と渓谷」。鉄道ファンの方には「鉄道ジャーナル」、鉄道を技術的な視点で深く掘り下げた記事が多い「鉄道ピクトリアル」。クラシック音楽の最新情報をお届けする「音楽の友」、音楽を高音質で楽しみたいというオーディオファンの方には「ステレオ」。今晩の簡単おかずから、つくりおきおかずまで丁寧に紹介する「NHKきょうの料理」、おいしい料理が誰でも簡単に作れるプロ料理家のレシピ集が人気の「オレンジページ」。季節の植物を紹介し、育て方や楽しみ方を分かりやすく説明するテレビ番組のテキスト「趣味の園芸」。健康に関するものでは、「NHKきょうの健康」、「壮快」。俳句を学びたい方は、NHKテレビの俳句入門講座「NHK俳句」。身近な英会話を学びたい方には「イングリッシュ・ポケット」。スポーツ好きの方にはスポーツ総合雑誌「ナンバー」、特に野球好きで応援するチームが決まっている方には、「月刊ジャイアンツ」、「月刊タイガース」、「月刊ドラゴンズ」。パソコンやソフトの事をもっと詳しく知りたい方には、「日経パソコン」。経済や投資に関することは「日経マネー」。科学に興味のある方には「日経サイエンス」。地球の自然に興味ある方は「声のナショナルジオグラフィック」。そのほかに、人生の生き方をテーマに著名人のインタビューやエッセイを掲載する「PHP」、キリスト教に興味のある方や、クリスチャンのための「百万人の福音」など、まだまだたくさんあります。「こんな雑誌はありませんか?」 というお問い合わせでも結構です。どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

 また、当センターが発行している情報誌も、おすすめです。今お読みの「ぶっくがいど」は、2ヶ月に一度偶数月に発行していますが、奇数月に「アイeyeセンターだより」を点字・墨字で発行しています。センターからのお知らせ、イベント情報、お勧め本の紹介などを掲載しています。また、月に2回発行しているメールマガジン「アイeye」では、センターからの最新のお知らせや、新たなイベントのお知らせ、生活に役立つお話し、センター職員の生活感あふれるエッセイ、時にはコンサートの無料或いは割引チケットのご案内などのお得な情報など、どれも気軽に読んでいただけるものです。パソコンや携帯電話で受信できます。

 センターの発行物ではありませんが、センター職員が発行しているメールマガジン「週刊シネマデイジーFan」も映画好きな方には是非お薦めです。これは、映画オタクの職員による、映画の魅力を十二分にお伝えする、かなり濃い内容のメルマガです。たくさんあるシネマ・デイジー作品から一つを選び、おもなあらすじ、見どころ、制作裏話、その作品への監督の思い、関連する作品などをご紹介します。これを読んだら、思わずシネマ・デイジーを聴きたくなってしまいますよ。シネマ・デイジーを10倍、いやいや100倍楽しめるとおもいます。お申し込みは、メルマガサイト「まぐまぐ!」でご登録ください。

 あなたの一歩が、新しい楽しさとの出会いに……。
 当センターは、みなさんの新たな世界との出会いをお手伝いしたいと願っています。これからも、センターにどうぞお気軽にご相談ください。

センター長 杉山 雅章(すぎやま まさあき)


先月までの主なお知らせ


トップページへ戻る


ここまで本文
文字の大きさ