ここから本文

便利グッズ:アラビアの壺 補助ボード付き


商品分類:おもちゃ・ゲーム その他のゲーム類

商品名:アラビアの壺 補助ボード付き

商品コード:61407

2人から6人用のボードゲーム。まったく同じ形で、振ると「シャラシャラ」「カラカラ」「コロコロ」のいずれかが鳴る壺が3個ずつあります。盤の上に9個の壺をのせて、同じ音の壺をタテ・ヨコ・斜めのどれか一列に並べたら勝ち!神経衰弱と三目並べの楽しさを一度に味わえます。

※本体のみ・あるいは補助ボード単体でもご購入いただけます。詳しくは生活情報・用具展示ルーム担当者まで。

販売価格(税込)8,285円 (課税)

画像:アラビアの壺 補助ボード付き 画像:アラビアの壺 補助ボード付き 画像:アラビアの壺 補助ボード付き 画像:アラビアの壺 補助ボード付き

商品の特徴

  • 2人から6人で遊べるボードゲームです。まったく同じ形で、振ると「シャラシャラ」「カラカラ」「コロコロ」のいずれかが鳴る壺が3個ずつあり、盤の上に9個の壺をのせたらゲームスタート!同じ音の壺をタテ・ヨコ・斜めのどれか一列に並べたら勝ち!
  • 盤は3マス×3マスの合計9マス。各マスは直径約3cmの丸型で、浅くへこんでいます。各マスの中には1から9の数字が書かれており、マスの配置は電話機と同じ(1は左上、9は右下)です。盤は、絨毯ボードと言い、アラビア絨毯をイメージしています。縁が緑色の赤い絨毯で、縁は植物のツル、中央には花をモチーフにした模様が描かれています。
  • 壺は全部で10個あり、全て同じ外見をしています。色は薄いベージュ、形は手のひらサイズで上がふくらみ、真ん中に太陽をモチーフとしたアラビア風の文様が浮き出ています。10個のうち9個は振ると音が鳴ります。音のしない壺が1個だけあり、上級者ルールの時に使います。
  • 記憶力のほかゲームの展開を考える力が必要とされ、神経衰弱と三目並べの楽しさを一度に味わえます。
  • 見た目が同じ壺で、音を使うゲームなので、視覚障害者と晴眼者が一緒に遊べます。積み木やマラカス(楽器)としても遊べます。
  • 補助ボードは細長い8本の板を縦と横に4本ずつ組み合わせたもので、碁盤の目のようになっています。盤の上に載せると、碁盤の目の四角い枠が盤のマスの真上になるように設計されています。また、四角い枠は15mmの高さがあるので、枠の中に置く壺が倒れるのを防いでくれ、ストレスなくゲームを進められます。また、わくわく用具ショップオリジナル加工として、枠の外周の4辺に、触ってわかる印を3つずつ付けています。3つの印は、サイコロの目の1と2と3の形です。印の位置は碁盤の各列の先頭を示しているので、印を触って列の位置を確認し、壺をスムーズに動かすことができます。

遊び方:

  1. 盤のマスの上に、9個の壺を置く。
  2. ひとり1回ずつの交代制で、自分の番が来たら「壺を1つ選んで鳴らす」か「タテかヨコで隣り合った2つの壺を入れ替える」のどちらかをする。この時、どのマスの壺なのかを相手に伝える。
  3. 2を繰り返し、タテ・ヨコ・斜めのどれか一列で同じ音の壺が3つ並んだと思ったら、「そろった!」と言い、音を鳴らして確認する。

※慣れてきたら、9個の壺のうち1個を音の鳴らない壺にする上級者ルールで遊ぶことが出来ます。同じ音の組み合わせが2種類に減り、壺の位置のほか、どの音の壺が無いのかなど考えるポイントが増えて難易度が増します。

アラビアの壺の世界:
次の物語がベースになっています。物語の世界に入り込むと、ゲームがより面白くなります。「舞台は中世のバグダッド。商人が行き交うこの街で下働きをするアフメドくん。倉庫の壺の管理を任されたものの、壺の中身を書いた札を無くしてしまった。これはまずい…恐ろしい主人が帰ってくる前になんとかしなくては!」

仕様

  • 本体:
    • 大きさ:盤(幅)205×(奥行)205×(高さ)4mm
    • 壺(幅)43×(奥行)43×(高さ)55mm
    • 重さ:盤110g 壺19g
    • 付属品:盤1枚、壺10個、専用URLへの案内カード1枚(点墨併記)、追加ルールブック(墨字、CD)
    • 対象年齢:6才以上
    • メーカー:ギフトテンインダストリ株式会社
  • 補助ボード:
    • 大きさ:(幅)215×(奥行)215×(高さ)15mm
    • 重さ:48g
    • メーカー:ギフトテンインダストリ株式会社
  • 取扱説明書:音声(一般CD)

お問い合わせ

電話 044‐222‐1611
ご用件をお伝えいただければ、担当におつなぎします。


おもちゃ・ゲームの一覧へ

大分類の一覧へ


便利グッズの販売説明ページへ戻る

トップページへ戻る


ここまで本文
文字の大きさ