川崎アイeyeセンター
メールマガジン『アイeye』

第104号

2019年11月25日(月曜日)発行

発行責任者 杉山雅章


目次

目次ここまで


1 ニュース&トピックス

(1) 2月1日 手回しオルゴール体験会

 10月に予定していました手回しオルゴール体験会は台風接近のため延期となっていましたが、新年2月1日に実施することとなりました。
 小さな穴を開けた紙のカードを挟んで、ハンドルを回すと誰でも簡単にきれいな音のオルゴール演奏ができる手回しオルゴール、オルガニート愛好会の佐々木幸弥先生をお迎えして演奏してみる体験会です。

プログラム

1部
オープニング(主催者挨拶、簡単な自己紹介)
まずは1曲お聴きください
仕組みの説明
曲当てクイズ
2部
穴開け体験「ハッピーバースデー」
3部
オルガニートの伴奏で歌おう

日時
2020年2月1日(土曜日)午後1時30分から3時30分(予定)
会場
川崎市視覚障害者情報文化センター 3階 多目的室
参加費
無料
予約
不要
お問い合わせ
担当 今野まで

2 スタッフルームから

 皆さま、こんにちは。事務担当の金子です。

 6月にここでカルガモのことを書かせていただきましたが、その運河は今の時期には数多くのユリカモメが訪れ、優雅に泳ぎ、消波ブロックで羽を休めています。鳥たちを眺めながらこの運河をのんびり通り過ぎて数分歩くと、とても天井の低いトンネルが現れます。周りの景色とはちょっと趣の異なる、いかにも古めかしい雰囲気を醸し出しています。自動車も通りますが、高さ制限が1.5メートルなので車高が高い種類の車は大変危険です。まるで洞窟にでも入るようなワクワク気分で突入し、もしかしたら初めて天井に頭をぶつけるかしらとおかしな期待半分で歩みを進めると、1.5メートル+足の厚み位の身長では、そのままの姿勢で頭を天井に擦ることもなく、無事に通過いたしました。

 元々このトンネルは漁師さんの小舟を通すための水路だったそうで、海とともに生きてきた先人たちの歴史を感じさせてくれる場所なのでした。


3 特集 川崎アイeyeセンターまつり2019

 今年も川崎アイeyeセンターまつりがやってきます。すでにお知らせしておりますように、今年は例年より開催日を早め12月14日(土曜日)の開催になります。センターの活動をもっと知って身近に感じていただきたい、ボランティア活動について知っていただきたい、役立つ情報をたっぷりとお届けしたいと準備を進めております。
 今年の見どころをご紹介しましょう。

(1) 音訳ボランティア団体による「朗読ミニライブ」

 2階ホール 11時から12時。
 市内の朗読ボランティア団体「水車の会」「かざぐるま」「ひいらぎ」「みやまえエコー」「さんざし」の皆さんによる朗読ライブです。

(2) JRPS(日本網膜色素変性症協会)神奈川支部の紹介

 網膜色素変性症、およびその類似疾患の治療法研究の助成活動と啓発活動を行っている団体です。当事者による相談員の方が、随時相談を受付ています。

(3) 小物販売

 ミニショップ。
 アイメイトの手作り小物(白杖入れ、アクリルたわし等)の販売。

(4) 生活相談

 川崎市視障協相談員による相談コーナー。
 困っていること,悩んでいることを相談してみませんか?

(5) ボランティア団体の活動紹介

 市内の視覚障害者ボランティア連絡会「オブリガード」に参加しているボランティアグループがそれぞれの活動をご紹介します。

(6) ワンコインマッサージ

 和室 10時から13時。
 川崎市視覚障害者福祉協会(視障協)会員の皆さんによる大人気のマッサージサービス。1回500円で15分かに20分くらいです。日頃の疲れをとってリフレッシュしてください。

(7) 最新機器体験会

 多目的室・調理室・2階ロビー。
 (株)システムギアビジョン 「オーカムマイアイ2」「クリアリーダー プラス」ほか。
  HOYA(株) 「暗所視支援眼鏡 MW-10」。
 (株)インテック 電波式グルス音声腕時計、音声キッチン秤 ほか。
 (株)セブン銀行 セブンイレブンに設置されているATMの音声操作の疑似体験。
  三菱電機(株) 音声家電(レンジグリル・テレビ・炊飯器)ほか、IH調理器の調理体験やレンジグリル・炊飯器の試食もあります。

(8) 盲導犬体験コーナー

 3階ロビー。
 アイマスクをして盲導犬と一緒に歩いてみませんか?日本盲導犬協会のスタッフによるデモンストレーションと、実際に犬と触れ合っていただく体験ができます。
 予約不要、どなたでも体験できます。

(9) 点字・音声パソコン体験

 工作室。
 目の不自由な人に欠かせない文字「点字」。点字の五十音表を見ながら、点字を書いてみましょう。また画面を音声で読上げるパソコンソフトを使い、視覚障害向けに開発された便利なソフトを操作してみましょう。

(10) 点字図書・音声図書体験

 3階サービスルーム。
 視覚障害用の図書のできあがるまでのプロセスを紹介し、実際の点字図書・録音図書をご覧いただけます。

(11) べんりな用具・グッズ販売

 用具展示ルーム。
 便利グッズの販売コーナー。その場で豪華商品が当たるお楽しみ抽選会を開催します。

(12) 音声ガイド付きDVD映画・UDCast体験

 相談室。
 健常者も視覚障害者も一緒に映画を楽しむことができる、音声解説付きDVD映画やスマホで聴くUDCast(ユーディーキャスト)の音声ガイドを体験してください。

(13) 白杖デコ

 交流室。
 スワロフスキーストーンを使って白杖をおしゃれにデコレーションしてみませんか?ネイルサロン「ネイル ル ブライユ」が「白杖デコ」を販売します。様々な色のきれいなストーンを用意していますよ。

(14) iPad体験

 iPadには目の不自由な人が使えるいろいろな機能が備わっています。拡大機能や音声読み上げに対応した機能でホームページを見たり、便利なアプリを使ったり、実際に手にとって操作を体験することができます。

(15) サピエ図書館体験

 目が見えない人がどのようにインターネットを使うのか、どのように本を読むのかを知りたい一般の方に、また、「サピエ図書館」をまだ体験したことがない視覚障害の方に向けて、一人ひとりに合わせた説明を行います。

(16) 無料カェコーナー&パンの販売

 無料カフェコーナー:スターバックスコーヒージャパン(株)。
 パンの販売:セルプきたかせ。大人気の焼きたてパンの販売。チーズパン、ちくわパン、こねこパンなど手作りパン(1個120円から150円)。ポップコーン(200円)もあります。
 お茶やお菓子の無料サービス:オブリガード。

古今亭菊太楼落語会

 2階ホール 13時開場 13時30分開演。
 テンポが良くて歯切れいい、それでいて味わい深い菊太楼師匠の落語をお楽しみください。
 1995年5月 古今亭圓菊に入門 前座名「菊一」。
 1999年5月 二ツ目に昇進「菊可」と改名。
 2008年9月21日 真打昇進「古今亭菊太楼」と改名。
 演目は当日のお楽しみです。

お願い

 当日は混雑が予想されます。何か困ったことがありましたらお近くのスタッフに声をおかけください。
 飲食は3階多目的室A(パン・クッキー販売コーナー)又は、2階ロビーでお願いします。
 申し訳ございませんが、駐車場はございません。公共交通機関をご利用ください。やむを得ずお車でお越しの際は、お近くのコインパーキングをご利用ください。


4 編集後記

 センターまつりまでわずかとなりました。今年も盛りだくさんな企画で皆さんをお待ちしています。今年はセンター職員は揃いのスタッフジャンパーでお迎えする予定です。

メールマガジン『アイeye』編集長 鳥居秀和


発行:川崎市視覚障害者情報文化センター(川崎アイeyeセンター)
住所:〒210‐0026  川崎市川崎区堤根34番地15
電話: 044‐222‐1611
FAX : 044‐222‐8105
電子メール: kawasaki-icc@kawasaki-icc.jp
公式ウェブぺージ: http://www.kawasaki-icc.jp/


メールマガジンは ここまでで終わりです。



メールマガジンのバックナンバー 一覧に戻る

トップページに戻る