川崎アイeyeセンター
メールマガジン『アイeye』

第100号

2019年9月25日(水曜日)発行

発行責任者 杉山雅章


 おかげさまで当メルマガは創刊100号を迎えました。100号記念として今回は特別編成でお届けします。


目次

目次ここまで


1 ニュース&トピックス

(1) 日本点字図書館オープンオフィスのお知らせ

 東京・高田馬場の日本点字図書館では11月9日、10日の二日間、「日本点字図書館オープンオフィス〜見えない世界を見に行こう!」を開催します。点字図書館の事業に関する体験コーナーや目の不自由な人の生活を知るコーナーが予定されている他、9日には精神科医の香山リカ氏による講演、10日には日本パラリンピアンズ協会会長の河井純一氏による講演、テノール 歌手の秋川雅史氏によるミニコンサートが企画されています。

お問い合わせ
社会福祉法人 日本点字図書館 総務部総務課
電話 03-3209-0241(代表) まで

2 スタッフルームから

 半年ぶりになります、澤村です。過去2回は、うどんのどんぶり鉢とごろごろじゃがいものお話をしましたが、今回は私の趣味のお話をさせてくださいね。はとこ(彼女の祖母と私の祖父が兄弟)がフルート奏者なので、所属している日本フィルハーモニーの演奏会やソロコンサートなど、彼女の演奏を聴きにいくことが大好きです。私も中学高校は吹奏楽部でフルートを吹いていました。彼女とは高校の先輩後輩の関係でもありますが、当時から彼女の音色は本当に私と同じ楽器なのか?と疑うほど際立って美しかったものです。隣で聞き惚れて、私は間違ってばかりいたかもしれません。という昔話はさておき、この夏ちょっと変わったおもしろい日フィルの演奏会をご紹介したいと思います。

 その名も「耳で聴かない音楽会」。通常のオーケストラ演奏に加えて、聴覚に障害をもつ方のために振動や光で音を楽しむ最新デバイスが2階席の一部に設置されていました。もうひとつは舞台上に大スクリーンが設置され、テンポやリズムに加え、演奏する曲からイマジネーションを膨らませたオリジナル映像が映し出されました。また、チェロの弦をそのまま拡大して映し出した場面もあり、弾いた弦が規則正しく美しい波形を描いたときには観客からはオーという歓声があがりました。音を映像でどう表現できるか、という試みです。

 意外なところでは、何の変哲もない「紙やすり」が最初にプログラムと一緒に手渡されました。曲中に指示があり、観客全員が練習を経て音楽と映像にあわせてシャリシャリとこすり合わせました。つまり、耳を通してだけでなく、手から伝わる振動、目で見る映像などから音楽をともに味わうことができます。ほかにもたくさんの仕掛けがあり、全身をフルに使っての2時間、欲張りな私はおなかがいっぱいになりました。

 終わってみて、すべての方にとって「聴く」とはどういうことなのかをあらためて問いかけた音楽会だったと思います。そのときの心の置きどころによっても自由に選択でき、「聴く」ことの多様性にチャレンジしたユニークな演奏会だと感じました。

 ここ数年、さまざまな分野の第一線で活躍するアーティスト、研究者、企業の開発者らが、障害や困難を抱える人々の「身体性」に目を向け、本当の意味での「バリアフリー」社会実現に向けて、少しずつではありますが試みが重ねられていると個人的には感じています。障害に対する直接的な配慮、たとえば点字や手話などはもちろん必要ですが、障害にとらわれすぎず、より多くの人々が楽しみ、想像し、共有し、関心をもち、交流できる社会にむけて一歩でも進んでいけたらいいなと願っています。


3 100号記念企画 センター職員が選ぶ!『青春の1冊』

 誰にも若い頃に忘れられない本との出会いがあるものです。ましてや図書館職員たるもの、本に対する思い入れはおそらく人並み以上のはず!?
 ということで、川崎アイeyeセンター職員アンケートによる、「青春の1冊」をご紹介します。職員名、タイトル、蔵書の有無、著者名、コメントの順になっています。

安藤:「ちいさいおうち」
点字図書あり
バージニア・リー・バートン 著/石井 桃子 訳
絵本です。「おうち」の優しい目線と、それを表す画が大好き。
岩渕:「君よ知るや南の国」
デイジー図書あり
ゲーテ 著/三木 澄子 編著
外国の児童文学です。もう一度読みたいのに、手に入りません。
浦野:「龍臥亭事件(上・下)」
点字図書あり
島田 荘司 著
一人暮らしを始めた頃に読んだ本。怖いけど、夢中になります。
遠藤:「銀牙 〜流れ星 銀〜」(漫画)
蔵書なし
高橋よしひろ
ヒグマを倒す事を使命とした秋田犬とその仲間達の物語。うっかり犬に漢気を感じてしまいます…。
金子:「ダウン症の子をもって」
点字図書・デイジー図書あり
正村 公宏 著
何よりも深い愛情をもつ著者の冷静な言葉は、30年経った今も胸に沁みます。
今野:「銀河英雄伝説」シリーズ
点字図書・デイジー図書あり
田中 芳樹 著
いつでも、また最初から、見たい・読みたい作品。あまりにも壮大でいろんな人生が描かれたこの作品は不滅です!
斉藤:「この世をば」
点字図書・デイジー図書あり
永井 路子 著
俺様な句を読んだ藤原道長が弱気でかわいい。歴史好き加速の1冊。
澤村:「ヘレン・ケラー」
点字図書・デイジー図書あり
伝記 山口 正重 著
小学校低学年で点字を知りました。伝記はたくさん読みましたが一番記憶に残っています。
庄司:「おやすみなさいフランシス」
点字図書・デイジー図書あり
ラッセル・ホ−バン 著/松岡 享子 訳
愛くるしいフランシスが大好きでした。
杉山:「境界線(バウンダリーズ)」
点字図書・デイジー図書あり
H・クラウド、J・タウンゼント 著
ノーと言いにくい人間関係。他人とのあり方を紐解いてくれました。
鳥居:「世界名作映画全史 戦後編」
蔵書なし
猪俣 勝人 著
名作映画750作の解説は、映画の海に漕ぎ出した私の「海図」でした。
伴:「赤毛のアン」シリーズ全10冊
点字図書・デイジー図書あり
モンゴメリ 著
今も時々読み返します。
山本:「4 Unique Girls 人生の主役になるための63のルール」
点字図書・デイジー図書あり
山田 詠美 著
山田詠美の本が好きで読みました。人間、飾らずに生きたっていいんだと思えた本です。
渡辺:「現代用語の基礎知識」
2007年・2008年版のみデイジー図書あり
自由国民社 編
当然、その内容を把握しているハズもないのですが、ネットのない時代、毎年更新される情報の宝庫は私の好奇心をかき立てました。

 いかがですか?いかにも個性的なセンター職員が選んだ「1冊」。バラエティにとんだ魅力を感じていただけましたか?
 読書の秋に、ぜひお手にとってお楽しみください。


4 イベント情報

(1) 10月12日(土曜日)手回しオルゴール体験会

 オルガニートは、小さな穴を開けた紙のカードを挟んで、ハンドルを回すと誰でも簡単にきれいな音のオルゴール演奏ができる手回しオルゴールです。すでにお知らせしましたが、オルガニート愛好会の佐々木幸弥先生をお迎えしてこのオルガニートを演奏してみる体験会を開催します。ふるってご参加ください。

プログラム

第1部
オープニング(主催者挨拶、簡単な自己紹介)
まずは1曲お聴きください
仕組みの説明
曲当てクイズ
第2部
穴開け体験「ハッピーバースデー」
第3部
オルガニートの伴奏で歌おう
日時
2019年10月12日(土曜日)午後1時30分から3時30分(予定)
会場
川崎市視覚障害者情報文化センター 3階 多目的室
参加費
無料
予約
不要
お問い合わせ
担当 今野まで

5 編集後記

 読者の皆様の励ましに支えられて、メルマガ100号の節目を迎えました。これからも川崎の話題、お役立ち情報をお届けしてまいります。ご愛読のほどよろしくお願いします。

メールマガジン『アイeye』編集長 鳥居秀和


発行:川崎市視覚障害者情報文化センター(川崎アイeyeセンター)
住所:〒210‐0026  川崎市川崎区堤根34番地15
電話: 044‐222‐1611
FAX : 044‐222‐8105
電子メール: kawasaki-icc@kawasaki-icc.jp
公式ウェブぺージ: http://www.kawasaki-icc.jp/


メールマガジンは ここまでで終わりです。



メールマガジンのバックナンバー 一覧に戻る

トップページに戻る