川崎アイeyeセンター
メールマガジン『アイeye』

第97号

2019年8月10日(土曜日)発行

発行責任者 杉山雅章


目次

目次ここまで


1 ニュース&トピックス

(1) 「パラリンピック大百科」を貸し出しします

 来年は東京でオリンピックが開催されますね。そしてオリンピックの後はいよいよパラリンピックが開催されます。今からパラリンピックについて色々知りたい方も多いのではないでしょうか?
 この度、センターに「パラリンピック大百科」が寄贈されました。パラスポーツ全51競技の歴史やルール、競技用具などを、わかりやすく解説。世界で活躍するトップアスリートや、注目の日本人選手、世界記録なども掲載し、障がい者スポーツに参加する方法も紹介します。点字は全4巻、デイジーは全1巻(7時間57分)です。貸し出しをご希望の方は当センター貸し出し係までお申し込みください。

 ※夏休みに入り、連日大変混雑しております。ご来館の際は必ずご予約ください。

(2) 8月の休館について

 すでにお知らせしておりますが、8月11日(日曜日)は祝日(山の日)、12日(月曜日)休館、13日(火曜日)はセンター内清掃、14日(水曜日)から15日(木曜日)は図書整理のため休館とさせていただきます。16日(金曜日)からは平常通り開館いたします。利用者の皆さまにはご迷惑をお掛けしますが、何卒よろしくお願いします。


2 スタッフルームから

 貸し出しの庄司です。今年、我が家は町内会の班長になりました。うちの班は10人ほど。毎年、持ち回りで班長になります。班長のお仕事は、広報の回覧や街灯の点検、町内会費の集金などです。私の住んでいる地域は高齢者が多く、ご主人が亡くなって奥様の名前になっていたり、代替わりして息子さんの世代(といっても60代後半)になっていたり。たぶんうちが一番若い。

 さて、任期交代が5月末なので早速6月中旬に今年度の町内会費の集金を始めました。3日かけて3千円ずつ徴収。皆さんすんなりと集金に応じていただけました。集金したお金は班長さんを束ねる「理事」さんに届けます。

 今回理事になったTさんは、うちの近所のスナックを経営している方だそうです。あんなところにスナックなんてあったかしら。

 スナックは立ち入ったことがなかった未知の世界。しかもうちの近所は住宅街であんまり人通りもない。ちゃんと儲かっているのか、お客さんは来るのか、もしかしてキレイなお姉さんがいるのか?いろいろ疑問を持ちながらスナックを訪れました。

 ドアを開けると薄暗い。天井には小ぶりなミラーボール、そしてカウンターには揺れるキャンドルの明かり。カウンターの中におばあさんが二人。このお二人が「お姉さん」のようです。

 私「町内会費をお持ちしました。Tさんはいらっしゃいますか?」お姉さん「え、いないよ。一ヶ月ぐらいはここには来ないんじゃないかな?」実はTさん、数日前に軽い脳梗塞で入院していたのでした。班員も年配の方が多いのですが、理事さんはそれ以上でした。

 その後、無事に退院したTさんと連絡が取れ、会費をお渡しできました。あのスナック、お客さんは一人もいませんでしたが、早い時間だったからなのかな?普段は町内の方と個別にお話しする機会がありません。今年は普段できないご近所付き合いを楽しもうと思っています。

 (後日談)7月の下旬に健康診断がありました。身長が2ミリほど縮んで、腹囲(おなか周り)は1センチ増えていました。私も立派な中高年でした。


3 カワサキ・用具の窓

 夏休みの課題学習で点字の勉強をしてみたい、という小中学生の皆さんに最適な「点字にチャレンジ!バラエティセット」。小型点字器と、点字用紙、タックテープなどがセットになって大好評です。

(1) 点字にチャレンジ!バラエティセット

 携帯用小型点字器N632 6行32マス用のプラスチック製の点字器に点筆、点消し棒がセットになっています。色は6色の中からお選びいただけます。
 点字用紙10枚、名前カード用紙15枚、タックテープ10メートル巻きの他、点字一覧表、学習冊子「点字にチャレンジ!マンガでおぼえる点字のしくみ」がついてくるので、一人で点字の練習ができます。
 また、マンガ「本間一夫の生涯 見えない人の『読めるしあわせ』を叶えるために」、「ロクホシくん いっぴつせん」「エムナマエポストカードセット」も入っています。
 2200円(税込)。

 ※日本点字図書館のホームページで使い方を紹介した動画が公開されています。ご覧ください。
 https://www.nittento.or.jp/about/brailleSP/movie.html

  1. N632点字器の使い方 (1分21秒)
  2. 点筆・点消し棒の使い方(1分47秒)
  3. N632点字器の使い方 2(2分32秒)
  4. タックテープの使い方 (1分48秒)
  5. 名前カードの使い方 (2分38秒)

4 生活お役立ちメモ

スーパーマーケットのライフと、「ゼロゲート」オープンのお知らせ

 8月2日、JR川崎駅東口の川崎ルフロンの1階に、スーパーマーケットのライフがオープンしました。スーパーマーケットとしては東口最大規模で、生鮮食品から惣菜、加工食品、生活用品まで毎日の暮らしに必要な商品を幅広く取り扱っています。ルフロン1階のミニストップとスターバックスの前をとおり奥に進むと入り口があります。宝くじ売り場とエスカレーターなどで入り口が分かりにくいのでお気をつけください。
 営業時間は朝9時から夜11時まで。電話番号 044-245-4600

 また、8月8日、さいか屋跡地に「ゼロゲート」がオープンしました。1階は、国内外の化粧品、衣料品を販売する「アインズ&トルペ」、携帯電話サービスの「楽天モバイル」、コンビニエンスストア「ローソン」(24時間営業)、「バーガーキング」(営業時間は7時から22時30分)。2階は、回転ずしの「スシロー」、「ドトール珈琲店」、「ホットヨガスタジオLAVA」、エステサロンなどが入ります。営業時間は各店舗によって異なります。

 ますます便利になる川崎駅東口。皆さんも探検してみてはいかがでしょうか?


5 イベント情報

(1) 8月24日(土)13時30分から
    音声解説つき映画DVD体験上映会「この世界の片隅に」

 1944年、広島に住む18歳のすずは、呉に住む北条家から嫁に来てほしいと請われ嫁ぐことになる。不器用でおっとりしているすずは失敗続きだったが、優しい夫とその両親に温かく受け入れられる。戦局は悪化し、物資が不足していく中での生活も、持ち前の明るさで乗り切っていくすず。やがて、呉の町にも大きな空襲があり、広島には原爆が落とされる……。
 太平洋戦時下での普通の一家の暮らしを一人の若い女性の視点から描いた長編アニメーション。日常描写の丁寧な映像と美しい音楽で、多くの観客から支持を受けロングランとなる大ヒット、キネマ旬報ベストテン1位、日本アカデミー賞最優秀アニメーション賞など数々の賞に輝いた。

監督・脚本
片渕 須直
原作
こうの 史代
音楽
コトリンゴ
声の出演
のん、細谷 佳正、稲葉 菜月、小野 大輔 ほか

6 編集後記

 残暑お見舞いもうしあげます。まだまだ暑い日が続きそうですね。帰省先でこのメルマガを受け取られた方もいらっしゃるかと思います。センターも少しお休みをいただき、16日から皆さんをお待ちしています。

メールマガジン『アイeye』編集長 鳥居秀和


発行:川崎市視覚障害者情報文化センター(川崎アイeyeセンター)
住所:〒210‐0026  川崎市川崎区堤根34番地15
電話: 044‐222‐1611
FAX : 044‐222‐8105
電子メール: kawasaki-icc@kawasaki-icc.jp
公式ウェブぺージ: http://www.kawasaki-icc.jp/


メールマガジンは ここまでで終わりです。



メールマガジンのバックナンバー 一覧に戻る

トップページに戻る