アイeyeセンター@川崎
メールマガジン『アイeye』

第57号

2017年12月10日(日曜日)発行

発行責任者 杉山雅章



目次

目次ここまで


1 ニュース&トピックス

(1) 年末・年始の休館について

 12月29日(金曜日)から1月3日(水曜日)までアイeyeセンターは休館となります。年内の図書の貸し出しの希望については、12月26日(火曜日)までにリクエスト下さいますようお願いいたします。当センターの所蔵で在庫のある図書、サピエ図書館にデータのコンテンツがある図書については年内に発送を行います。なお、他館所蔵のものは取り寄せとなりますので、発送が年明け以降になる場合があります。年末には郵便局も混雑することが予想されますので、お早めにリクエストをくださいますようお願いいたします。

(2) 1月のイベント情報

 先日はかわさき冬のコンサートに大勢お越しいただきありがとうございました。
 いつもお楽しみいただいているアイeyeセンターのイベント、新春も数々のイベントを企画しております。

 詳しいことは、メルマガ、ぶっくがいどなどでお知らせします。新年もアイeyeセンターへ気軽に遊びに来てください。


2 スタッフルームから

 風も冷たくなってまいりました、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

 手洗いうがいをこまめにし、机には自分用加湿器を置き、そしてマスクでガードしている高橋です。その上、外出時はマフラーをぐるぐる巻いているので、われながら不審者のようです。今年の冬は風邪で倒れる回数を1回でもいいから減らしたい。体を丈夫にするよい方法があったらぜひ教えてください。

 今年もあっという間に過ぎた一年ですが、あらためて振り返ると、それなりにいろいろなことがあった一年でした。

 今年は人との交流がいつになく盛んでした。友人を訪ね、招き、連絡が再開し、新しい友人ができ、会えなくなってしまった人ももちろんいて、あまり活動的でない私も、今年は頑張りました。

 また、今年は嬉しいことが多い一年でした。特に嬉しかったのは、友人のつくった短編映画がカンヌ映画祭で受賞したこと。いつもなんでもないことを話し、過ごした頃を思い出しました。そして、曜変天目茶碗やたくさんの素敵なお茶碗を見ることができたこと。難しそうで今まで見に行く機会がなかったのですが、今は茶碗めぐりの旅行を計画しています。

 そして、今年は挑戦する年でもありました。ふとしたときに、「『いつか』やりたい」の『いつか』はいつなのか?」と思ったのがきっかけです。バラを育てる、岩盤浴に行く、気になっていたお店に入る、ジムのボクササイズクラスを受けるなど、本当にたいしたことではないけれど、それでも「ダメモトでもいいからやってみよう」といろいろ挑戦したのは大きな出来事でした。やってみて分かったのは、ダメだったとしても、ダメージは思ったほどではなくて、楽しいことのほうがずっと多いということ。体験したあとのスッキリ感が大きいということ。この挑戦は続けていこうと思います。

 来年はどんな年になるでしょうか。そこそこ健康でのんびり過ごせますように。みなさまもどうぞ良いお年をお迎えください。


3 カワサキ・用具の窓

 お待たせしました。12月の新しい取扱商品のご案内です。便利グッズ3点をご紹介します。価格は税込です。

(1) ユニバーサル財布

 中が6つの部屋に分かれたジャバラ式の財布です。ファスナーをあけると扇型にひらき、お札を半分に折って収納することができます。マチも大きいので、たっぷり収納できます。部屋の仕切りにはそれぞれ1から4の凸点がついています。
 色はブラック、ブラウン、ブルー、ピンクの中からお選びください。
 5800円。

(2) たまごのなめらかスティック

 菜箸くらいの太さのスティックで、卵を手早く混ぜられる調理器具です。先端はリング状で卵を撹拌する部分、もう一方の端は小さなヘラになった便利商品です。
 楕円形のリング部分で卵を撹拌します。箸で卵の白身を切るように混ぜるのは感覚的にわかりにくいものですが、これを使えばかき混ぜるだけで白身と黄身が上手に混ざります。もう一方の先はミニサイズのヘラになっており、殻が入ってしまったときに掬い取るのに便利です。
 380円。

(3) 立つタテ型ピーラー

 長い食材も丸い食材も、包丁感覚でスイスイむける、使いやすいタテ型のピーラーです。刃の先の楕円形の凹み部分を使ってジャガイモの芽を取ることもできます。刃の裏側にある5センチくらいの凸のバーの部分はこそぎ刃で、ごぼうなどの薄皮1枚がムダなくむけます。タテ型のピーラーを使うとごぼうのささがきも手早くできて便利です。
 700円。

 なお、年末年始の時節柄 12月20日以降のご注文の商品に関しましては、年内の発送ができない可能性があります。ご承知願います。


4 生活お役立ちメモ

 忘年会、飲み会、気がついたらなんだか体が重くなった…そんな方はいらっしゃいませんか?私がときどき作っているのは、「エノキだけ」。簡単に作れて、体もすっきりです。スーパーで売っているエノキは洗う必要がありません。

 エノキを袋の上から、いしづきを包丁で切ります。ここがこのものぐさレシピの最大の特徴です。

 女性の手で人差し指・中指・薬指の指先3本くらいの長さ、4センチほどを根元から切りましょう。いしづきが入らないようにすこし長めに切りとります。エノキの根元が束になっているので手でほぐし、耐熱容器に並べます。お酒大さじ1杯を全体にふりかけ(省略可)ラップをふんわりかけて、レンジで(600ワットで2分)加熱します。鰹節をのせ、ポン酢でいただきます。

 「エノキ」だけ、の簡単なお料理ですが、しゃきしゃきした歯ごたえとポン酢のさっぱりした味が我が家ではなかなか好評です。


5 イベント情報

(1) 12月16日(土曜日)13時30分から音声解説付きDVD映画体験会
    「シン・ゴジラ」

 東京湾で起きた水蒸気爆発と海底トンネルの崩落事故。すぐに総理の耳にも入り慌ただしく動く日本政府。そのさなか、巨大な尾が海中から高く持ち上がった。想定外の謎の巨大生物の登場に対応が遅れる政府。やがて東京に上陸した巨大生物は段階的に成長を繰り返し、破壊の限りを尽くしていく。予測不可能な怪獣に打つ手はあるのか、日本対ゴジラの総力戦が始まる。
 日本に実際に怪獣が現れたらというシミュレーションの上で、政府、自衛隊、そして各セクションのプロたちはどう対応するのかを迫真の映像と圧倒的な台詞量で描くSF映画。今までの怪獣映画にはなかったリアルさと、現代日本の寓話となるメッセージ性が高く評価され、第71回毎日映画コンクール日本映画大賞、日本アカデミー賞最優秀賞などを受賞しました。

1時間59分
日本
総監督・脚本
庵野 秀明
監督・特技監督
樋口 真嗣
出演
長谷川博己、竹野内豊 ほか

6 編集後記

 今年は4種類のインフルエンザの流行が心配されているそうです。予防接種と体力づくり、手洗いうがいと栄養補給。何よりじっくり休養が一番いいようで、夜更かし族の私は不規則な生活を見直すことになりそうです。皆様もお大事に。

メールマガジン「アイeye」編集長 鳥居秀和


発行:川崎市視覚障害者情報文化センター(アイeyeセンター)
住所:〒210‐0026  川崎市川崎区堤根34番地15
電話: 044‐222‐1611
FAX : 044‐222‐8105
電子メール: kawasaki-icc@kawasaki-icc.jp
公式ウェブぺージ: http://www.kawasaki-icc.jp/


メールマガジンは ここまでで終わりです。



メールマガジンのバックナンバー 一覧に戻る

トップページに戻る