ぶっくがいど

2018年4月号

編集・発行: 川崎市視覚障害者情報文化センター

愛称: 川崎アイeyeセンター

(指定管理事業者/社会福祉法人日本点字図書館)


開館日
火曜日から日曜日まで
開館時間
午前9時00分から午後5時00分まで
休館日
月曜日・祝日・月曜日にあたる祝日の翌日・年末年始・図書整理期間
所在地
〒210−0026 川崎市川崎区堤根34−15
ふれあいプラザかわさき3階
電話
044−222−1611
FAX
044−222−8105
電子メール
kawasaki-icc@kawasaki-icc.jp
ホームページ
http://www.kawasaki-icc.jp


目次



1 センター長からひとこと

新年度、心も新たに

センター長 杉山 雅章(すぎやま まさあき)

 木々もすっかり芽吹き、新緑の葉が茂る季節となりました。吹く風も柔らかく、さわやかです。皆さま、いかがお過ごしでしょうか?この4月でセンターは5年目を迎えました。今年度も皆さまの身近な施設となって、生活の質を少しでも豊かにするお手伝いができるように、努めて参りたいと思います。

 4月は新たな年度のスタートです。皆さまに今年度行う事業のあらましをご紹介したいと思います。センターの主な事業には、点字図書館、相談・訓練、生活用具の斡旋、イベントの開催の4つがあります。点字図書館としては、前回の『ぶっくがいど』でもご紹介しましたが、従来の選書の選び方に加え、“川崎らしさ”という視点を加えて、川崎の皆さまの興味をそそるような本の製作に努めていきたいと思います。また、センターでは過去2年に渡り、DVD映画に音声解説を付けるボランティアを17名養成いたしました。引き続き「映像のまち・かわさき」らしく、たくさんの映画を楽しんでいただけるよう製作を行っていきます。楽しみにお待ちいただきたいと思います。

 相談・訓練では、白杖の使い方、音声パソコンの操作、点字の読み書きなどを長期的な視点で訓練を行なっていますが、相談という形で数回程度の短期的な訓練も行っています。「気軽に受けることができる」と皆さまに好評ですので、今年も引き続き進めていきたいと思います。

 生活用具の斡旋では、今年も日本点字図書館「わくわく用具ショップ」と連携し、最新の機器を展示するようにいたします。用具コーナーには机といすを用意してあり、福祉制度で購入できる機器、便利なグッズなどをゆったりと御覧いただけます。また、こちらで斡旋しているデイジー再生機、ICレコーダーなどの機器の使い方を、相談・訓練の一環として教えることができますので、安心して購入していただけます。

 さて、センターは情報文化センターの名前のように、情報の発信だけでなく、文化の発信も行っていきたいと考えています。春と冬のコンサートは引き続き開催いたします。コンサートは生の音楽に触れていただく良い機会です。ぜひお越しいただきたいと思います。また、昨年ヨガ体験会は隔月で開催しましたが、参加された皆さまから毎月開催の絶大な要望がありました。健康増進のためにとても効果のあるイベントですので、8月と2月を除き毎月開催したいと思います。まだ参加されたことの無い皆さんでも大歓迎です。今年はヨガにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。そのほか音声解説付きDVD映画体験上映会、れきおんクラブ、読書会、センターまつりも引き続き開催いたします。

 センターの場所が川崎駅から少し遠いこと、多摩方面からのアクセスに時間がかかることなどから、特に北部地域の皆さまにとって使いづらい面があります。そこで川崎北部地域の麻生区、多摩区、宮前区、それぞれの福祉まつりに参加し、センターを体験できる出前センターを開催する予定です。音声図書・音声パソコンの体験、便利グッズ、ルーペ、白杖歩行体験や生活上の不便さについての相談を行います。お近くの方は、ぜひご来場いただきたいと思います。

 今年もお一人でも多くの方々と出会えることを願って、センターの運営をしてまいります。皆さま、どうぞ、宜しく御願いします。



2 センターからのお知らせ

(1)「チャレンジド・ヨガ〜視覚障がいのかたのヨガ〜体験会 in 川崎」

 昨年度から始めましたヨガ体験会を今年度も引き続き行います。8月と2月を除き、毎月行いますので、これまでに参加したことのあるかたも、初めてのかたも、是非この機会にお楽しみください。
 ヨガは大きな動作を伴わず、安全に体の隅々まで動かすことができる視覚障がいのかたに取り組みやすい運動の一つです。参加者全員保険加入しますので、安心してご参加ください。

対象者
全盲、ロービジョン(弱視)、見えにくいと感じているかた。
※障害者手帳の有無は不問です。
※ガイドやご家族など、同伴のかたには応募人数によっては、ご用意できないことがありますが、会場にお入りいただき、少しだけサポートしていただきながら、ヨガをご一緒にお楽しみいただけます。
日時
2018年4月21日(土曜日)午後1時から2時30分
会場
川崎市視覚障害者情報文化センター 3階 多目的室
参加費
無料
持ち物・服装など
・動きやすい服装(ヨガウェアでなくても全く問題ありません)
※ヨガは裸足で行うのをお薦めしていますが、裸足に抵抗があるかたは、五本指ソックスをご用意ください(足裏に滑りどめが付いているものがお薦めです)。
・汗ふきタオル
・水分補給用の水など
※ヨガマットは、こちらでご用意いたします。
お申込み・お問い合わせ
川崎市視覚障害者情報文化センター 担当 金子まで

(2)かわさき春のコンサートのご案内

 5月12日(土曜日)に開催する春のコンサートは、プロのサクソフォーン奏者4名で結成された Quartet『颯(はやて)』の登場です。
 2016年にメンバーの一人が代わり、グループ名を『はやぶさ四重奏団』から現在の名前に改名。リサイタルの開催、クロアチアの世界サクソフォーンコングレスに招聘されての公演など、国内外で演奏活動を精力的に行なっています。CDも出されており、「VARIATIONS」はレコード芸術誌優秀録音盤に推薦されました。また4人共、様々な音楽シーンで活動しており、教育機関での講師を務めるなど後進育成にも力を注いでいます。
 当日はグループの名前の通り、颯爽と吹く風のように、かつ心に強く響く演奏をお届けすることでしょう!皆さま、どうぞお誘いあわせのうえ、お越しください。心よりお待ちいたしております。

日時
2018年5月12日(土曜日)午後2時から午後4時(予定)
会場
ふれあいプラザかわさき 2階ホール
参加費
無料
予約
不要
演奏曲
第1部 予定曲
クラシカルサクソフォーンの颯(仮称)
バッハ/イタリア協奏曲から第1楽章
クレリス/序奏とスケルツォ 他
第2部 予定曲
情熱と民俗(仮称)
ピアソラ/リベルタンゴ
バルトーク/ルーマニア民俗舞曲 他
※曲目については変更の可能性がございます。
出演者
ソプラノサクソフォーン 滝上 典彦(たきうえ のりひこ)
アルトサクソフォーン  竹内 沙耶香(たけうち さやか)
テノールサクソフォーン 大貫 比佐志(おおぬき ひさし)
バリトンサクソフォーン 佐藤 広理(さとう ひろとし)
お問い合わせ
川崎市視覚障害者情報文化センター イベント担当まで

(3)読書会&健康体操(仮称)のご案内

 読書会は、一つの作品を各自で読み、作品の感想などを話し合うイベントです。個人で読んだときには気づかなかった視点から作品を見ることができ、色々な感想に触れることができます。どなたでも楽しんでいただける催しですので、視覚障害当事者の方だけでなく、ボランティア・ガイド・点訳者・音訳者・ご家族の方々もお気軽にご参加ください。
 今回の図書は、恩田陸著の『不安な童話』です。

日時
2018年6月8日(金曜日)午後1時30分から午後4時(予定)
会場
川崎市総合福祉センター エポックなかはら 5階(ボランティア交流室)
所在地
中原区上小田中 6-22-5(JR南武線 武蔵中原駅から徒歩約1分)
作品と内容
恩田陸 著『不安な童話』
遠い昔、海辺で起きた惨劇。私を襲う他人の記憶は果たして殺された彼女のものなのか。知らなければよかった現実。新たな悲劇。犯人は誰なのか。その謎が明らかになる時、禁断の事実が浮かび上がる。

 なお、昨年6月に当センターで開催し大好評だった、心と体の健康ミニ講座も合わせて行う予定です。読書会の前のひとときに、健康についてのお話を聞き、楽しく気分をリフレッシュしてみませんか?どうぞお楽しみに。

参加費
無料
その他
本の感想を語り合う会ですが、お話を聞くだけでも大歓迎です。デイジー図書、点字図書をご希望の方は貸し出しをいたしますので、ご連絡ください。
当日は簡単な体操があるかもしれませんので、動きやすい服装がお薦めです。
今回の会場は、当センターではなく、エポックなかはらとなります。道案内が必要なかたはご案内しますので、お申し出ください。
川崎市外の方でも参加可能です。皆さまのご参加をお待ちしています。
お問い合わせ
川崎市視覚障害者情報文化センター 担当 岩渕・庄司まで

(4)センターまつりのご報告

 去る2月17日(土曜日)アイeyeセンターまつりをふれあいプラザかわさきの2階、3階を使って開催いたしました。
 2階ホールでは、11時から川崎市の朗読ボランティアによる朗読ミニライブが行われ、笑いあり、涙ありの演目に観客も拍手喝采! 午後からの手回しオルゴールと蓄音機のコンサートは、オルゴールの透明感のある音色、百年前の蓄音機の懐かしい音色を、じっくりと堪能していただきました。また、2階のフロアーでは、点字や音声パソコン、AIスピーカーの体験や、ワンコインマッサージ、そして、最新の視覚障害者用機器体験会を行いました。この機器体験では、眼鏡につけたカメラで写した文章を音声で読み上げるOTON GLASS(オトン グラス)、暗いところでより明るく見えるHOYA製の夜盲症向け眼鏡、三菱電機製の音声ガイド付き電子レンジ、セブン銀行の音声ガイド付きATMの擬似体験があり、いずれも視覚障害者が後を絶たない人気のコーナーでした。
 また、3階では、サピエ図書館、点字図書・録音図書、iPad、盲導犬、UD Cast、音声解説付きDVD映画を紹介しました。体験にちょっと疲れた方は奥の休憩室へ。おいしいパンの販売、スターバックスコーヒージャパンによるコーヒーの無料サービス、ボランティアによる紅茶、緑茶、そして一口サイズのお菓子のサービスもあり、みなさんホッとした様子で休まれていました。
 約280名もの方にご来場いただき、終日賑わっていた今回のセンターまつり。アンケートに回答した方からは、「盛りだくさんでとても一日では回りきれないけど、楽しかった。」という感想をいただきました。
 最後に開催にあたってご支援、ご協力いただいた皆さまに厚く御礼申し上げます。


(5)「音声解説付きDVD映画の体験上映会」開催について

 当センターでは、音声解説付きDVD映画の体験上映会を毎月開催しています。
 音声解説とは、登場人物の動きや背景等、映画の視覚情報を言葉で説明した音声ガイドです。4月と5月の上映日程をお知らせいたします。参加費は無料、予約の必要もありません。会場は当センター多目的室です。皆さまのご来場をお待ちしています。


作品『ALWAYS 三丁目の夕日 ’64』 4月28日(土曜日)13時30分より

2時間22分 日本

監督・脚本 山崎 貴

脚本 古沢 良太

原作 西岸 良平

出演 吉岡 秀隆、堤 真一、薬師丸 ひろ子 ほか

内容 前作「ALWAYS 続・三丁目の夕日」から5年後となる昭和39年を舞台に、それぞれ人生の転機を迎える夕日町三丁目の住民たちの姿を描く。戦後19年がたち復興を遂げた日本は高度経済成長の真っただ中で、東京オリンピックの開催もひかえ熱気に沸いていた。夕日町三丁目に暮らす茶川家には間もなく家族が増える予定で、鈴木オートの事業も好調。それぞれに賑やかな日々を送っていたが……。


作品『オーケストラ!』 5月26日(土曜日)13時30分より

2時間2分 フランス

監督・脚本 ラデュ・ミヘイレアニュ

脚本 アラン=ミシェル・ブラン、マシュー・ロビンス

出演 アレクセイ・グシュコブ、メラニー・ロラン ほか

内容 かつてボリショイ交響楽団の天才指揮者だったアンドレイ(アレクセイ・グシュコブ)は、今はさえない劇場清掃員として働いていた。ある日、出演できなくなった楽団の代わりのオーケストラを探しているというFAXを目にした彼は、とんでもないことを思いつく。それは、いまや落ちぶれてしまったかつての仲間を集めて楽団を結成し、コンサートに出場するというものだった。


(6)ご存知ですか?こんな商品

生活情報・用具展示ルームより、どなたが使っても便利な新商品をご紹介致します。

商品についてのお問い合わせは用具担当まで。
電話 044-222-1611
ホームページアドレス http://www.kawasaki-icc.jp/catalog/

商品1 おでかけマスコット

画像:おでかけマスコット 外観
価格
1400円(税込)
大きさ
幅 65 ミリ × 長さ 120 ミリ × 高さ 60 ミリ
重さ
約 25 グラム

 白杖がテーブルから倒れないように支えておくための、かわいいスヌーピーのマスコットです。カバンや車いす、シルバーカーなどにつけて目印としてもお使いいただけます。
 洗濯バサミのような構造になっており、後ろ足を両側からつまむと前足が開きます。頭を少し後ろにそらせて、前足で抱きつかせるようにして装着してください。細い杖の場合、取り付けた状態で杖を使用すると滑り落ちてしまう恐れがありますのでご注意ください。


商品2 たまごのなめらかスティック

画像:たまごのなめらかスティック 外観
価格
380円(税込)
大きさ
幅 20 ミリ × 厚さ 9 ミリ × 長さ 240 ミリ
重さ
約 9 グラム

 手早く卵の白身と黄身を混ぜるグッズで、簡単になめらかに混ざります!菜箸くらいの太さのスティックで、楕円形のリング部分で卵を撹拌します。もう一方の先はミニサイズのヘラになっており、しなりもあるので、殻が入ってしまったときに掬い取るのに便利です。また、ジャムやバター、マヨネーズなどを塗るのに大活躍します。



3 新しいCD図書の紹介 合計 26 点

 CD図書はデイジー編集されていますので、専用のプレイヤー又はパソコンで再生してお聞きください。CD枚数はすべて1枚です。当センター製作のCD図書の時間数については、収録時間数の確定がぶっくがいど発行の間際になるため、若干のずれが生じることがあります。ご了承ください。最初に川崎市視覚障害者情報文化センターで製作したデイジー図書を紹介し、その後に委託や他館製作の図書を紹介します。

川崎市視覚障害者情報文化センター製作

分類3 社会科学

1 偽装死で別の人生を生きる 324
エリザベス・グリーンウッド 著/赤根 洋子 訳
原本 文芸春秋
原本出版年 2017年5月 10時間18分
自ら死んだように見せかけ、借金地獄や暴力から逃れる…。病めるアメリカで発生し始めている「人生やりなおし」の手法。失踪請負人や実行者を取材し、果ては著者自ら偽装死を体験したルポ。驚愕の実話。

分類5 技術 

2 その節約はキケンです −お金が貯まる人はなぜ家計簿をつけないのか− 591
風呂内 亜矢 著
原本 祥伝社
2016年5月 4時間36分
自分にとってちょうどよい節約スタイルを見つけよう! 財形貯蓄、保険の見直し、ふるさと納税…。さまざまな節約法の「落とし穴」と、その方法の本質をわかりやすく解説する。

分類7 芸術

3 やさしくなるとうまくいく −ノートに書きとめてきた教えと言葉− 779
勝俣 州和 著
原本 KADOKAWA
2017年6月 4時間9分
萩本欽一、和田アキ子ら諸先輩からの教えや、仕事や家庭で出会った「いい言葉」「ありがたい教え」を小まめにノートに書きとめてきた著者。その中から37の言葉を厳選し、エピソードとともに紹介する。
4 スタジアムの宙にしあわせの歌が響く街 −スポーツでこの国を変えるために− 783
天野 春果 著
原本 小学館
2016年11月 6時間11分
大がかりな仕掛けの舞台裏。そこにあったのは、鮮明な最終形のイメージと、そこに至るまでに積み重ねた前例の数々…。Jリーグの名物プロモーション部長が取り組んできた活動を紹介し、そのコミュニケーション術を明かす。

分類9 文学

5 狩人の悪夢 913
有栖川 有栖 著
原本 KADOKAWA
2017年1月 13時間45分
ホラー作家と対談することになった、推理作家の有栖川有栖。そのホラー作家の家には、眠ると悪夢を見てしまう部屋があるらしい。有栖川がその部屋に泊まった翌日、右手首のない女性の死体が発見されて…。火村英生シリーズ。『文芸カドカワ』掲載を書籍化。
6 北町同心一色帯刀 913
喜安 幸夫 著
原本 KADOKAWA
2017年2月 6時間23分
北町奉行所の定町廻り同心・一色帯刀は、堅物と評される四十路男。ある日、老中から奉行所に、江戸の武家地に阿片が流通しているという噂についての、極秘の探索命令が下る。同じ頃、深川で女郎が斬り殺され…。シリーズ第1弾。
7 デンジャラス 913
桐野 夏生 著
原本 中央公論新社
2017年6月 8時間23分
君臨する男。寵愛される女たち。文豪・谷崎潤一郎が築き上げた理想の〈家族帝国〉と、そこで繰り広げられる妖しい四角関係。桐野夏生が、燃えさかる作家の「業」を描く。『婦人公論』連載に加筆・修正して単行本化。
8 7人の名探偵 −新本格30周年記念アンソロジー− 913
綾辻 行人 ほか著/文芸第三出版部 編
原本 講談社
2017年9月 11時間59分
世界は謎解きに満ちている! 綾辻行人、歌野晶午、法月綸太郎、有栖川有栖、我孫子武丸、麻耶雄嵩、山口雅也。7人のレジェンド作家たちが「名探偵」をテーマに書き下ろした7編の物語を収録。
9 告白 −三島由紀夫未公開インタビュー− 914
三島 由紀夫 著/TBSヴィンテージクラシックス 編
原本 講談社
2017年8月 5時間49分
自決9カ月前。最後の長編小説「豊饒の海」第3部「暁の寺」を脱稿した日に語られ、今まで公開されることのなかった三島由紀夫の貴重なインタビューを全文公開。三島理解の鍵となる評論「太陽と鉄」も併録。

委託・その他

分類0 総記

10 図書館のアクセシビリティ −「合理的配慮」の提供へ向けて− 015
野口 武悟、植村 八潮 編著
原本 樹村房
2016年8月 日本点字図書館製作 12時間10分
図書館を含む国公立機関に障害者への合理的配慮の提供が義務化された。図書館のアクセシビリティをより高めていくための考え方や具体例を紹介する。本文テキスト、画像も収録したマルチメディアデイジー。(厚生労働省委託)
11 ひとが優しい博物館 −ユニバーサル・ミュージアムの新展開− 069
広瀬 浩二郎 編著
原本 青弓社
2016年8月 日本点字図書館製作 12時間10分
幅広い分野の専門家が「ひとが優しい」をキーワードに、誰もが楽しめる博物館「ユニバーサル・ミュージアム」の動向を紹介し、今後のユニバーサル社会のあり方を展望する。本文テキスト、画像も収録したマルチメディアデイジー。(厚生労働省委託)

分類3 社会科学

12 大学生のためのメンタルヘルスガイド −悩む人、助けたい人、知りたい人へ− 377
松本 俊彦 編
原本 大月書店
2016年7月 日本ライトハウス情報文化センター製作 8時間49分
対人関係、貧困、セックス、自傷、摂食障害、自殺念慮、各種依存(アルコール、ギャンブル、ネット)など、大学生が直面しやすいメンタルヘルスの問題について、それぞれの分野を代表する専門家がやさしく解説する。(厚生労働省委託)

分類6 産業

13 グッド・フライト、グッド・ナイト 687
マーク・ヴァンホーナッカー 著/岡本 由香子 訳
原本 早川書房
2016年2月 早川清文学振興財団製作 15時間3分
現役パイロットの著者が、パイロットの日常や飛行技法、上空で体感した自然の神秘など、飛行機や空に関するエピソードやトリビアを紹介する。(寄贈)

分類7 芸術

14 長谷川等伯 721
長谷川 等伯 画/黒田 泰三 著/日本アート・センター 編
原本 新潮社
1997年9月 日本点字図書館製作 2時間19分
桃山時代を代表する画家・長谷川等伯。日本の水墨画を確立した彼の作品と、その画業を解説する。本文テキスト、画像も収録したマルチメディアデイジー。(厚生労働省委託)
15 デューラー 723
デューラー画/千足 伸行 著/日本アート・センター 編
原本 新潮社
1975年5月 日本点字図書館製作 1時間52分
ドイツのルネサンス期を代表する画家、デューラーの作品と、その画業を解説する。本文テキスト、画像も収録したマルチメディアデイジー。(厚生労働省委託)
16 松本竣介 723
松本 竣介 画/浅野 徹 著/日本アート・センター 編
原本 新潮社
1996年12月 日本点字図書館製作 2時間4分
昭和期に活躍した洋画家・松本竣介。彼の作品と、その画業を解説する。本文テキスト、画像も収録したマルチメディアデイジー。(厚生労働省委託)
17 モロー 723
モロー 画/竹本 忠雄 著/日本アート・センター 編
原本 新潮社
1975年5月 日本点字図書館製作 1時間56分
フランスの象徴主義の先駆的画家、モローの作品と、その画業を解説する。本文テキスト、画像も収録したマルチメディアデイジー。(厚生労働省委託)
18 パラスポーツルールブック −パラリンピックを楽しもう− 780
陶山 哲夫 監修/コンデックス情報研究所 編著
原本 清水書院
2016年9月 日本ライトハウス情報文化センター製作 6時間34分
陸上競技、競泳、馬術、5人制サッカー、アルペンスキー、バイアスロン…。パラリンピックを100倍楽しめるよう、障がい者スポーツのルールやクラス分けを、イラストとともに紹介する。(厚生労働省委託)

分類9 文学

19 青い海の宇宙港 春夏篇 913
川端 裕人 著
原本 早川書房
2016年7月 早川清文学振興財団製作 8時間58分
小学6年の少年たちは、ロケットの発射場がある島で1年を過ごす。豊かな自然に親しみながら、ロケット競技会へ参加する少年たちの姿を描いた成長物語。(寄贈)
20 青い海の宇宙港 秋冬篇 913
川端 裕人 著
原本 早川書房
2016年8月 早川清文学振興財団製作 10時間58分
もっと遠くへ行くロケットを打ち上げようとする、宇宙探検隊は、町全体を巻き込んでの打ち上げミッションを計画する。実現不可能と思える困難を乗り越えて、子供たちのロケットは飛び立つのか? 春夏篇に続く感動の物語。(寄贈)
21 花を追え −仕立屋・琥珀と着物の迷宮− 913
春坂 咲月 著
原本 早川書房
2016年11月 早川清文学振興財団製作 9時間12分
仙台の夏の夕暮れ。着物が苦手な女子高生は、ふとしたことから着流し姿の美青年と出会い、着物にまつわる様々な謎に挑むことになる。(寄贈)
22 あたらしい名前 933
ノヴァイオレット・ブラワヨ 著/谷崎 由依 訳
原本 早川書房
2016年7月 早川清文学振興財団製作 10時間46分
ジンバブエでの日々を経て、少女はアメリカに移り住む。しかし豊かな国での暮らしは、予想外に戸惑うものだった。ヘミングウェイ賞ほか受賞。(寄贈)
23 ジャック・リッチーのびっくりパレード 933
ジャック・リッチー 著/小鷹 信光 編・訳
原本 早川書房
2016年1月 早川清文学振興財団製作 9時間5分
強盗3人が家に押し入ってきた。カード遊びに興じる彼らに主人公が仕掛けたのは…。「ようこそ我が家へ」など、日本初訳の全25編を収録した短編集。(寄贈)
24 真紅の戦場 最強戦士の誕生 933
ジェイ・アラン 著/嶋田 洋一 訳
原本 早川書房
2015年1月 早川清文学振興財団製作 9時間46分
23世紀、地球から外宇宙へと進出した八大大国は、覇権をかけて植民惑星を奪い合っていた。数奇な運命から米国海兵隊に入隊した少年の成長を描くSF。(寄贈)
25 熊と踊れ[上] 949
アンデシュ・ルースルンド、ステファン・トゥンベリ 著/ヘレンハルメ 美穂、羽根 由 訳
原本 早川書房
2016年9月 早川清文学振興財団製作 13時間50分
軍の倉庫から銃器を入手した3兄弟。その目的とは、史上例のない銀行強盗計画を決行することだった…。実際の事件をモデルにした、北欧ミステリー。(寄贈)
26 熊と踊れ[下] 949
アンデシュ・ルースルンド、ステファン・トゥンベリ 著/ヘレンハルメ 美穂、羽根 由 訳
原本 早川書房
早川清文学振興財団製作 14時間5分
緻密かつ大胆な犯行で警察を翻弄し、次々と銀行を襲撃していく3兄弟。その暴力の扱い方は少年時代に父から学んだものだった。かつて彼らに何がおこったのか。過去と現在から語られる“家族”の物語は、轟く銃声と悲しみの叫びを伴って一気に結末へと突き進む。(寄贈)


4 新着点字図書の紹介 合計 14 点

 リクエストをいただいてから製本作業を行うものもありますので、発送までに時間を要することがあります。最初に川崎市視覚障害者情報文化センターで製作した点字図書を紹介し、その後に委託や他館製作の図書を紹介します。

川崎市視覚障害者情報文化センター製作

分類4 自然科学

1 爆発的進化論 −1%の奇跡がヒトを作った− 467
更科 功 著
原本  新潮社
2016年9月 木の芽会寄贈 全2巻
眼の誕生、骨の発明、あごの獲得、脳の巨大化…。生物はときに劇的な進化を遂げ、そしてヒトが生まれた。私たちの身体に残る「進化の跡」を探りながら、従来の進化論を覆す最新生物学講座。

分類9 文学

2 漱石漫談 910
いとう せいこう、奥泉 光 著
原本 河出書房新社
2017年4月 全5巻
『こころ』はボーイズラブ小説?『坊っちゃん』は童貞小説?いとうせいこうと奥泉光が、夏目漱石の文学作品について、楽しく、面白く語った文芸漫談。「吾輩は猫である」「三四郎」「草枕」など8作品を取り上げる。
3 シュタイネ 911
多和田 葉子 著
原本 青土社
2017年9月 全1巻
言葉のアニミズム、ここに極まれり! 2006年に刊行された詩集「傘の死体とわたしの妻」以来、約10年ぶりの日本国内での発表となる第2詩集。『ユリイカ』に連載された、全20篇を収録。
4 悪左府の女 913
伊東 潤 著
原本 文芸春秋
2017年6月 全7巻
冷徹な頭脳ゆえに「悪左府」と呼ばれる藤原頼長が権力争いの道具として目をつけたのは、下級貴族の娘。保元の乱へと時代が転がる中、男たちを虜にする娘の運命は。平安時代長編。『オール読物』連載を単行本化。
5 クリスピー物語 913
鈴木 光司、大石 圭、北野 勇作 ほか著
原本 ネスレ文庫プロジェクト
2006年4月 点字サークル芽の字会寄贈 全2巻
菓子「クリスピー物語」の付属図書。有名作家が「殻を脱ぐ」をテーマに書き下ろした6話の短編小説集。
6 ゴースト 913
中島 京子 著
原本 朝日新聞出版
2017年8月 全3巻
目をこらすと今も見える、あなたの隣の幽霊。鬱蒼とした原宿の館に出没する女の子、ぼけたおじいちゃんが繰り返す謎の言葉、廃墟と化した台湾人留学生寮。温かいユーモアに包まれ、涙がこぼれる七つの幽霊連作集。『小説トリッパー』連載を加筆修正。
7 平家物語 犬王の巻 913
古川 日出男 著
原本 河出書房新社
2017年5月 全2巻
観阿弥、世阿弥の父子と同様に三代将軍足利義満の支持を受けて、この二者よりも贔屓にされていたとされる犬王。天衣無縫の能楽師・犬王と、盲いた琵琶法師・友魚。少年たちの友情が、禁断の舞を解き放つ! 平家物語異聞。
8 片づけたい 914
赤瀬川 源平 ほか著
原本 河出書房新社
2017年6月 全3巻
片づけベタの苦悩、別れがたき思い出の品、掃除道具へのこだわり…。片づけには、その人の生きかたが表れる。阿川佐和子「紙の山生活」、島崎藤村「障子」など、古今の作家たちが片づけについて綴ったエッセイ32篇を収録。
9 覗くモーテル観察日誌 936
ゲイ・タリーズ 著/白石 朗 訳
原本 文芸春秋
2017年1月 全5巻
著者に奇妙な手紙が届く。送り主はモーテル経営者で、天井裏から利用者を観察し日誌をつけているという。不倫や同性愛、麻薬取引の絡んだ殺人事件まで、アメリカノンフィクションを牽引してきた著者と“覗き魔”、その30年の記録。

委託・その他

分類4 自然科学

10 天才と異才の日本科学史 −開国からノーベル賞まで、150年の軌跡− 402
後藤 秀機 著
原本 ミネルヴァ書房
2013年9月 日本点字図書館製作 全6巻
戦争や国境を乗り越え、道を切り拓いてきた科学者たちの苦闘と歓喜の足跡から綴る、知られざる近現代日本科学史。第62回日本エッセイスト・クラブ賞受賞。(厚生労働省委託)

分類9 文学

11 思春期テレパス J913
天沢 夏月 著
原本 KADOKAWA
2015年1月 日本ライトハウス点字情報技術センター製作 全4巻
「そのサイトに空メール送ると、友達の“本音”を教えてくれるんだって」。男子2人、女子1人の心地良い距離感の友達3人組。ふざけて登録した例のサイトから一通のメールが届く。苦くて切なくて、でも温かい、高校生達の青春物語。(厚生労働省委託)
12 世界の涯ての夏 J913
つかい まこと 著
原本 早川書房
2015年11月 日本ライトハウス点字情報技術センター製作 全3巻
地球を浸食しながら巨大化する異次元存在〈涯て〉が出現した近未来。ある夏の日、疎開先の離島で暮らす少年は、転入生の少女ミウと出会う。ゆるやかな絶望を前に、二人は様々な出来事を通して思い出を増やしていく。(厚生労働省委託)
13 さよならのドライブ J933
ロディ・ドイル 著/こだま ともこ 訳
原本 フレーベル館
2014年1月 日本ライトハウス点字情報技術センター製作 全3巻
12歳の少女メアリーは、老いたトチノキの大木が並ぶ坂道で不思議な女の人に出会う。その人からおばあちゃんのエマーに「だいじょうぶよ」と伝えてほしい、と頼まれる。実はこの人は、若くして亡くなったひいおばあちゃんタンジーの幽霊だった。(厚生労働省委託)
14 自閉症のぼくが「ありがとう」を言えるまで 936
イド・ケダー 著/入江 真佐子 訳
原本 飛鳥新社
2016年10月 日本点字図書館製作 全2巻
会話のできない重度自閉症の少年が、みずからの症状を解説しながら、心の成長、そして大人たちへのメッセージをつづった手記。(厚生労働省委託)

相談・訓練事業をおこなっています
中途視覚障害者を対象に、歩行訓練や日常生活に必要な基礎的訓練および、視覚障害に関する相談業務を実施しています。パソコン指導・点字指導なども、ご希望に沿った形で行います。訓練の方法は1対1の個別指導で、センターに通所していただくか、自宅に指導員が訪問して行います。訓練期間や回数は、その方の必要に応じて行い、費用は原則として無料です。当センターで行っている訓練は次のとおりですので、ご希望の方は、まずお電話でご相談ください。
  1. コミュニケーション訓練(パーソナルコンピューター、点字、ハンドライティング)
  2. 歩行訓練
  3. 日常生活訓練(身辺処理、調理、裁縫、編み物)
お問い合わせ:川崎市視覚障害者情報文化センター 訓練担当まで。



5 新着テレビ・デイジー図書の紹介 合計 6 点

 テレビ・デイジーは、NHK(日本放送協会)の音声解説の付いたテレビ番組をデイジー化したものです。貸し出し希望の方は、当センターまでご連絡ください。なお、キャディを利用するタイプの再生機TK-300ではお聞きになることができません。

1 有村架純 カナダ大自然の旅
有村 架純 出演
日本点字図書館製作 1時間16分
巨大瀑布「ナイアガラの滝」、世界で一番美しいと呼ばれる「プリンスエドワード島」…。女優・有村架純が、カナダの大自然をめぐるドキュメンタリー番組。2017年放送。
2 植木等 と のぼせもん 土曜ドラマ
山本 耕史、志尊 淳 ほか出演
日本点字図書館製作 3時間48分
時代の寵児・植木等と、付き人兼運転手として彼を支えた小松政夫の師弟のドラマを描く。小松政夫著の「のぼせもんやけん」をもとにドラマ化。全8回を収録。2017年放送。
3 風のハルカ 感謝祭スペシャル! −あの感動をもう一度−
村川 絵梨、渡辺 いっけい ほか出演
日本点字図書館製作 2時間2分
連続テレビ小説「風のハルカ」のハイライト集を中心に、思い出の人と場所を訪ねる「スローライフ紀行」や、その後の物語を描いたドラマを収録したスペシャル総集編。2017年放送。
4 この声をきみに ドラマ10
竹野内 豊、麻生 久美子 ほか出演
日本点字図書館製作 6時間32分
 話すことが苦手偏屈な数学科の准教授。家族に捨てられた彼が人生を変えるために訪ねたのは、朗読教室だった。声の交流を通して、彼が成長していく姿を描いたドラマ。全8回を収録。2017年放送。
5 ドラマ龍馬最後の30日 NHKスペシャル
新井 浩文、伊藤 淳史 ほか出演
日本点字図書館製作 1時間3分
大政奉還で武力衝突が回避されたなか、坂本龍馬は理想の新国家実現に向け、人知れず動き出していた…。龍馬が暗殺されるまでの1か月を、新発見の資料を踏まえた大胆な仮説に基づき描いたドラマ。2017年放送。
6 ひよっこ 連続テレビ小説
有村 架純、沢村 一樹 ほか出演
日本点字図書館製作 39時間14分
東京オリンピック目前の1964年。東京に出稼ぎに出ていた父親の失踪を機に東京で働くことになった主人公の奮闘と成長を描いた、波乱万丈青春記。2017年度前期の連続テレビ小説、全156回を収録。2017年放送。2枚組。


6 寄贈図書の紹介

 次の資料が寄贈されました。貸し出しを希望される方はご連絡ください。

(合計8点)

@ おしゃれなひととき 2018春号 資生堂ビューティーメッセージ
資生堂 CD図書 1枚
A 今日という一日のために(近藤 勝重 著)
朗読ボランティアグループ さんざし CD図書 1枚
B 教科書名短篇 人間の情景(中央公論新社 編)
朗読ボランティアグループ さんざし CD図書 1枚
C 錠前破り、銀太(田牧 大和 著)
朗読ボランティアグループ さんざし CD図書 1枚
D 花暦(澤田 ふじ子 著)
朗読ボランティアグループ さんざし CD図書 1枚
E ふれあい 障害福祉の案内 平成29年版
川崎市健康福祉局障害保健福祉部 点字冊子 5冊 CD図書 1枚
F みんなでミートクッキング3
すこやか食生活協会 点字冊子 1冊
G 盲学生短歌集 −全国盲学生短歌コンクール六十回記念−(岐阜県立岐阜盲学校 編)
岐阜県立岐阜盲学校 CD図書 1枚

 これらの資料は、寄贈冊数が少ないため、15日以内に返却をお願いします。
 また、順番をお待ちいただく場合がありますので、ご了承ください。



7 さしあげます

 次の資料を希望される方へさしあげます。部数に限りがあるものについては、原則として申込受付順といたします。

(合計3点)

@ 明日への声
内閣府政府広報室 音楽CD 1枚
A ふれあいらしんばん
内閣府政府広報室 点字冊子 1冊
B 川崎視障協だより 第197号
NPO法人川崎市視覚障害者福祉協会 CD図書 1枚

 他にも、市政だより、県のたより、高津市民館だより、点字厚生、広報よこはま、福祉よこはま、ライトセンターだよりの点字版も扱っております。
なお、毎号「市政だより」を希望される方は、川崎市内在住のかたに限り、点字版、カセットテープ版又はCD版のいずれか1種類を無料で郵送しますので、総務企画局シティプロモーション推進室へお申し込みください(電話 044-200-2287、FAX 044-200-3915)。



8 サピエ図書館人気CD図書ランキング ベスト30

 2018年1月1日から2月28日に、全国の点字図書館や個人利用者が、サピエ図書館からダウンロード利用した音声デイジー図書のランキングです。貸し出し希望の方は、当センターまでご連絡ください。なお、前回ランキングに入ったものは省いてご紹介いたします。

順位・タイトル・著者名・利用数・収録時間の順番に読み上げを行います。

1位 この世の春[上]
宮部 みゆき 2048回 13時間41分
2位 食べられたいの 見習い看護婦日記[官能小説]
宇能 鴻一郎 2024回 4時間55分
3位 読み出したらとまらない雑学の本 −雑談力が上がる、大人のための200ネタ!−
竹内 均 編 1576回 5時間52分
4位 おもかげ
浅田 次郎 1508回 10時間49分
5位 声なき叫び
小杉 健治 1341回 7時間3分
6位 滾り 書き下ろし官能アンソロジー
藍川 京 ほか著 1281回 7時間15分
7位 セックス・ヘルパーの尋常ならざる情熱
坂爪 真吾 1272回 5時間46分
8位 剣と十字架 空也十番勝負 青春篇
佐伯 泰英 1249回 6時間38分
9位 この世の春[下]
宮部 みゆき 1227回 13時間51分
10位 色仏 [官能小説]
花房 観音 1135回 8時間5分
11位 君たちはどう生きるか
吉野 源三郎 964回 10時間58分
12位 おらおらでひとりいぐも
若竹 千佐子 944回 3時間50分
13位 祈りの幕が下りる時
東野 圭吾 903回 12時間13分
14位 孤軍 (越境捜査[6])
笹本 稜平 888回 12時間59分
15位 遊郭医光蘭闇捌き[1]
土橋 章宏 886回 4時間59分
16位 西郷どん![前編]
林 真理子 850回 6時間51分
17位 白夜行
東野 圭吾 830回 23時間23分
18位 覆面作家
大沢 在昌 791回 6時間17分
19位 淫風列島 −長編ハード・バイオレンス 裏刑事捜査帳−
広山 義慶 774回 8時間8分
20位 決断。 −全盲のふたりが、家族をつくるとき−
大胡田 誠、大石 亜矢子 766回 4時間32分
21位 障害者総合支援法のすべて −これ一冊でわかる!−
柏倉 秀克 監修 764回 11時間43分
22位 紅の五星 −冷たい狂犬−
渡辺 裕之 763回 10時間39分
23位 愛欲と情念の京都案内 −魔の潜むこわ〜い街へようこそ−
花房 観音 760回 5時間46分
24位 上様の笠(御庭番の二代目[3])
氷月 葵 748回 5時間49分
25位 女侠客 −小町のお染−
玉田 玉秀斎 728回 5時間11分
26位 闇奉行凶賊始末
喜安 幸夫 728回 6時間44分
27位 女鍼師 竜尾 (隠居右善江戸を走る[4])
喜安 幸夫 726回 7時間15分
28位 隠密同心幻の孤影[2]
小杉 健治 725回 6時間
29位 13のエロチカ [官能小説]
坂東 眞砂子 699回 7時間44分
30位 いっしょにいて楽しい人の話のネタ帳
話題の達人倶楽部 編 691回 11時間54分


9 サピエ図書館2017年人気ランキングベスト5

 2017年1月1日から12月31日に、全国の点字図書館や個人利用者が、サピエ図書館からダウンロード利用した図書のランキングです。昨年は、どの図書が人気があったのでしょう?貸し出し希望の方は、当センターまでご連絡ください。

デイジー図書

順位・タイトル・著者名・利用数・収録時間の順番に読み上げを行います。

1位 性の体験告白 女の隙間 [官能小説]
サンケイスポーツ文化報道部 編 4569回 4時間55分
2位 蜜蜂と遠雷
恩田 陸 4141回 20時間31分
3位 濃蜜ウイークエンド 書き下ろし長編オフィス・エロス [官能小説]
乃坂 希 3874回 6時間37分
4位 わたしを離さないで
カズオ・イシグロ 著/土屋 政雄 訳 3684回 12時間40分
5位 ねとられ人妻 [官能小説]
草凪 優 3536回 5時間40分

点字図書

順位・タイトル・著者名・利用数・巻数の順番に読み上げを行います。

1位 見えなくても使えるiPhone VoiceOverでの操作解説(iOS9編)
品川 博之 1241回 2巻
2位 摘めない果実 長編官能ロマン
草凪 優 1045回 3巻
3位 ねとられ人妻 [官能小説]
草凪 優 889回 3巻
4位 人妻家庭教師協会 長篇官能ロマン
牧村 僚 847回 3巻
5位 快楽のグルメ [官能小説]
睦月 影郎 765回 3巻


10 川崎アイeyeセンター人気蔵書ランキング ベスト10

 2018年1月1日から2月28日に、全国の点字図書館や個人利用者が、川崎市視覚障害者情報文化センターの蔵書でサピエ図書館からダウンロード利用した図書のランキングです。貸し出し希望の方は、当センターまでご連絡ください。なお、前回ランキングに入ったものは省いてご紹介します。

デイジー図書

順位・タイトル・著者名の順番に読み上げを行います。

1位 狩人の悪夢[火村シリーズ]
有栖川 有栖
2位 北町同心一色帯刀
喜安 幸夫
3位 娼年
石田 衣良
4位 7人の名探偵 −新本格30周年記念アンソロジー−
綾辻 行人 ほか著/文芸第三出版部 編
5位 デンジャラス
桐野 夏生
6位 低反発枕草子
平田 俊子
7位 その節約はキケンです −お金が貯まる人はなぜ家計簿をつけないのか−
風呂内 亜矢
8位 OLあそび[官能小説]
宇能 鴻一郎
9位 告白 −三島由紀夫未公開インタビュー−
三島 由紀夫 著/TBSヴィンテージクラシックス 編
10位 オール・スイリ −オール読物創刊80周年記念編集 一冊まるごとミステリー!−
文芸春秋 編

点字図書

順位・タイトル・著者名の順番に読み上げを行います。

1位 覗くモーテル観察日誌
ゲイ・タリーズ 著/白石 朗 訳
2位 爆発的進化論 −1%の奇跡がヒトを作った−
更科 功
3位 悪左府の女
伊東 潤
4位 視覚障害者の調理指導
視覚障害者調理指導研究会 編
5位 漱石漫談
いとう せいこう、奥泉 光
6位 シュタイネ
多和田 葉子
7位 経絡五行理論 −経絡ライン治療鑑別早見表−
升水 達郎、佐藤 好司
8位 差別語と近代差別の解明
塩見 鮮一郎
9位 世界を揺るがすトランプイズム −ビジネスマン、ドナルド・トランプを読み解く−
池上 彰
10位 カラオケヒット曲集 −演歌ムード歌謡デュエットほか 超★定番−
金園社企画編集部 編


11 他館製作のシネマ・デイジー図書の紹介

 2017年12月21日から2018年2月20日までに、当センター以外の全国の点字図書館等で新たに6作品のシネマ・デイジーが完成しました。以下、日本映画・外国映画・アニメーション映画に分けてタイトルなどをご紹介します。貸し出しをご希望の方は、当センターまでご連絡ください。皆さまのご希望をお待ちしております。

日本映画

1 しゃべれども しゃべれども
監督 平山 秀幸
出演 国分 太一、香里奈 ほか
2007年 製作
2 滝を見にいく
監督 沖田 修一
出演 根岸 遙子、安澤 千草 ほか
2014年 製作

外国映画

1 小さな恋のメロディ
監督 ワリス・フセイン
出演 ジャック・ワイルド、マーク・レスター
1971年 製作
2 ハドソン川の奇跡
監督 クリント・イーストウッド
出演 トム・ハンクス、アーロン・エッカート ほか
2016年 製作

アニメーション映画

1 劇場版 響け♪ ユーフォニアム −北宇治高校吹奏楽部へようこそ−
監督 石原 立也
声の出演 黒沢 ともよ、朝井 彩加 ほか
2016年 製作
2 モアナと伝説の海
ジョン・マスカー、ロン・クレメンツ
声の出演 屋比久 知奈、尾上 松也 ほか
2016年 製作


12 4月・5月・6月のイベントと休館日

休館日について
4月の休館日は、2日・9日・16日・23日・29日・30日です。
5月の休館日は、3日・4日・5日・7日・14日・21日・28日です。
6月の休館日は、4日・11日・18日・25日です。


当センターは、センター長 以下14名のスタッフが勤務しております。今号ではスタッフの名前を紹介いたします。皆さま、どうぞよろしくお願いいたします。

センター長
杉山 雅章(すぎやま まさあき)
スタッフ
安藤 秀美(あんどう ひでみ)
岩渕 百世(いわぶち ももよ)
浦野 盛光(うらの もりみつ)
金子 ゆき(かねこ ゆき)
今野 浩美(こんの ひろみ)
齋藤 美奈子(さいとう みなこ)
澤村 実希(さわむら みき)
庄司 尚子(しょうじ なおこ)
高橋 佐知子(たかはし さちこ)
鳥居 秀和(とりい ひでかず)
中村 透(なかむら とおる)
伴 政子(ばん まさこ)
山本 和恵(やまもと かずえ)
こうばこの会より 朗読会のお知らせ
 こうばこの会は障害の有無に関係なく、ボランティアやスタッフの皆さんと共に力を合わせて活動している“トークパフォーマンス”グループです。こうばことは、お香を入れる箱のことで、私たちの語りを聞いていただいたお客様に、芳しい香りの世界をお届けできたらという思いを込めています。また、トークパフォーマンスとは、物語、語り、群読、朗読劇など言葉を中心にした自由な表現を意味します。
 普段は都内を中心に小さな公演や図書館朗読会、老人ホームへの慰問などを続けている会ですが、この度、川崎市視覚障害者情報文化センターで公演をさせていただくことになりました。お楽しみいただけましたら幸いです。
日時
2018年6月9日(土曜日) 午後2時から午後4時
会場
川崎市視覚障害者情報文化センター 3階 多目的室
参加費
無料
演目
宮沢賢治 作 『猫の事務所』 語り:かわい いねこ
江国香織 作 『つめたいよるに』より「夏の少し前」 語り: みつよ
川上弘美 著 『おめでとう』より「どうにもこうにも」 語り:バイオレッツ
お問い合わせ
こうばこの会 事務局長・野上
電話 090-4967-1801
メール nogamic@m7.dion.ne.jp



ぶっくがいど 2018年4月号は ここまでで終わりです。




掲載リストに戻る

トップページに戻る